人気ブログランキング |

新古今しまりす集


たゆれば たゆる たゆるときィ♪ たゆった つっもりで しずんでるゥ ♪(by:『ぼのぼの』)
by simarisu83
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

つれづれ旅日記~箱根②編~

あ、さて・・。
翌日はいよいよユネッサン本体(?)に乗り込みます!しかしここで大きな問題が・・!

水着忘れました_| ̄|○|||(何しに行く気だったんだか・・)

まぁ、とりあえず水着のレンタルもやっているようなので借りることに。やっぱりと言うか、何故かと言うか女性の方がレンタル料高いんスね。しかも、たいして種類はありません。販売の方は若者らしい水着が揃ってましたが、レンタルは若干おばさんくさいカンジ??
ま、私はイマドキの若い女性と違いそんなことは気にしません(笑)ってか、水着って嫌いなんです。泳ぐの自体嫌いだからあまり着ないし。
ってな感じで各々更衣室へ向かい、水着に着替えた後で待ち合わせることに。(水着の上から羽織れる館内着やタオルは貸してくれます)
滅多に見ない私の水着姿にダンナが
夫:「ふ~ん・・しまちゃん(仮名)の太ももって意外と太・・・いだだだだY(>_<、)Y!!」
私:「この口か!この口がそういうことを言うのか!!ヽ。(ー_ーメ)」
と、互いに軽いジャブを交わしつつ(笑)、まずは『湯~とぴあ』エリアから攻略することに。
※ちなみにユネッサンは『湯~とぴあ』『ユネッサン』『森の湯』のエリアに分かれています。

《湯~とぴあ》
まず最初に目に入るのが「本格コーヒー風呂」とかいうやつです。「アートコーヒーと共同開発!」と謳っておりますが、どう匂いを嗅いでも感想は「麦茶。」としか言いようがありません。いや、いいんですけど・・ある意味香ばしい匂いだから。でもなぁ、コーヒーの匂いではないなぁ。
で、階段をトコトコ上がっていくと「酒風呂」「緑茶風呂」なんかがありました。「酒風呂」は、「どのへんが酒?」ってくらいよく判らないカンジでしたが、どうやら樽から時々落ちる雫が日本酒らしく・・うん、でもよく判らなかったよ(笑)「緑茶風呂」は色も緑だし、確かにお茶の香りがしていてなかなか気持ちよかったです。
さらに上の方へ行くと小屋みたいな中に「炭風呂」なるものがありました。これまた気持ちよくゆったり入れます。ただ、何故風呂の色が青いのか・・?
あ、それと間欠泉を見ることが出来ます。ご丁寧にも『あと○分』などという電光掲示が出ています(笑)HPでは「1時間に一度」と書いてありましたが、我々が行った時はどうも時間はまちまちでしたね。
「散歩風呂」とかいうのもあります。小石が敷き詰められた道に温水が流れててそこを歩くのですが、これがまたとにかく痛い!けっこう歩くのが辛かったです。

さて、ついでなのでここで昼飯も食べてしまいます。
味?そのへんはサラッと流して次の『ユネッサン』エリアへ行きましょう(笑)

《ユネッサン》
まず、初めから興味津々だった『死海風呂』なるものに向かいます。イスラエルから輸入した「死海の塩」ってのを使ってるらしいんですよ、奥さん!浮くんですってよ!んで、行ってみるとまずは注意事項がいくつか書いてありました。
①3分以上の入浴はご遠慮ください。②目に入ると強烈な刺激があります。目に入らないようご注意ください。③傷口のある方は入浴をご遠慮ください。など。
私は乾燥肌なので、冬場は痒くてかきむしってしまうんですね。だから足は特に傷口だらけなのです(^^;でも、「入ってみたい!」という誘惑に勝てるわけないじゃーありませんか。そろり、そろり、と入ってみます。
「いたたたた・・・・いたたたたたたた・・・・いだだだだだだ・・・。」
かなり痛いです(涙)美容に効果的とか言ってますけど、これ本当は肌に悪いんじゃないですか??(←傷があるのに入るヤツが悪い)
頭を淵に乗せるとプカ~ンって浮きます!でも、浮いた状態から普通の状態に戻るのが難しいです!変に首をひねってしまった。でもおもしろ~い♪
出たら必ずシャワーでよく洗い流すように、と書かれていたので念入りに流す。ちょっと口の端をぺロッとしてみたら、苦しょっぱ辛い。なるほどね、ってカンジでした。
他には・・う~ん、ユネッサンはあまり変り種、というほどのお風呂はありませんでした。強いて言えば浴槽を工夫していろいろな雰囲気が楽しめるってとこでしょうか。
「ふしぎな洞窟」っていうお風呂に入りたかったけど、なんかやってなかったし・・。
外にはウォータースライダー(もちろん温水)なんかもありましたが、寒かったのであまり出たくなかったのでやらなかった(笑)

基本的に『湯~とぴあ』も『ユネッサン』も、いろんなお風呂に入れるようにという配慮からか、ぬるいんですよね。だから、あまり身体が温まらない。少し温かいお風呂もあったけど。
なので、締めはちゃんとした温泉へ!というわけで『森の湯』へ。

《森の湯》
ここはフツーの温泉と考えてもらってよろしいかと。もちろん裸で入ります。男女別です。露天風呂もあるんですが、窓が開放的に開かれているので内風呂に入りつつ(寒い思いをしなくても)露天気分を楽しめました(^-^)v
やっぱり人間、あったか~いお風呂に入らないとね!
シャンプーその他もちゃんとついてます。

そんな感じで、せっかくゆっくりできたのに帰らなければなりません。しかし、前日箱根方面が混んでいたのと同じくらい、小田原・東京方面が激混みだったのを見てしまいました。正規のルート(素人にもわかりやすい帰り道)を通っていては、いつ帰り着けるか判らない!というくらいの混みようです。なので、
「今度こそ、御殿場から回って帰ろうか。」
ということになり、途中から渋滞を外れ御殿場方面に。いや~空いてる空いてる♪たぶん、けっこうな遠回りなんでしょうけど、東名に早く乗れるし、絶対正規ルートより速かったですよ。いや、東名は東名でところどころ渋滞してましたけどね・・。
用賀インターで下り、あとはダンナの実家へ向かったのであります。

短い休暇ではありましたが、そこそこ楽しめたんじゃないかなと。
しかし、テレビであれだけ「紅葉が見頃」とか言ってたのに、全然そんな見てる余裕なかったなぁ・・。今年は結局紅葉狩りができませんでした。
残念!!
今年の旅行はこれで終わりかな。
あ・・でも、ダンナの実家から「一緒に温泉スキーでも行く?」とかいうお誘いがあったんだ。
どうなることやら。
by simarisu83 | 2004-11-25 16:07 | 旅日記シリーズ
<< つれづれ夢日記 あわわわ・・ >>


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
Wv3eErODいいです..
from Wv3eErOD大乱交スマッ..
PmSLgV17いやマヂ..
from PmSLgV17くれくれ厨
XSvq885qディープ..
from XSvq885qハメ次郎
VD0Nxon1俺の女神様w
from VD0Nxon1不死鳥
yZS5HYan助かりま..
from yZS5HYan猫背
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ワロたけど気持ちいかったw
from イカリングぷれい
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧