新古今しまりす集


たゆれば たゆる たゆるときィ♪ たゆった つっもりで しずんでるゥ ♪(by:『ぼのぼの』)
by simarisu83

<   2005年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

徒然お仕事記⑬~障害を持つ患者さん編~

今日、クリニックに勤め始めて、初めて心の底から自分を恥ずかしいと思うような
出来事がありました。
これまでも当然いろいろな失敗はしてきましたが、そのほとんどは些細なことであり、
対患者さんにおいては周りの方々のおかげで何とか乗り越えていたのですが・・。

午前の受付を締め切る間際、中2~3年くらいのマスクをした男の子が診察券と保険証を
差し出してきました。
ウチのクリニックでは、「今日は薬だけ欲しい」とか「今日は注射だけ」とか
「診察の後、点滴してほしい」とか、いろいろな組み合わせで患者さんがいらっしゃいます。
だから、カードを差し出されたらまず「今日は診察でよろしいですか?」と
聞くことになっています。

そのルールはもう身に染みているので、カードを受け取ったとき反射的に早口で
「今日は診察ですか?」と聞いたわけです。
そしたら少年、ちょっと困った顔して何も言わない。
ん?何だろう?聞き取れなかったのかな?と思って、もう一度「診察?」と聞いたところ、
ある患者さん独特の、言葉にならない言葉を返してきました。
そう。
彼は聾唖(ろうあ)の方だったようです。

初めは、しゃべることが困難なだけで聞き取りはできているのだろうと勝手に思ってました。
だから、普通の人に接するのと同じような速さでしゃべりかけていたのですが、
どうも相手の反応が困惑している。
そこでようやく、聞き取りも困難なのでは・・と思い始めたのです。

こちらも困惑しました。
自分の言っていることが伝わらない(伝わっているのかどうかすら解らない)し、
相手の言いたいことも解らない・・。

何かの薬だけもらいに来たのか、それとも診察を受けに来たのか、はたまたそれ以外に
何か目的があって来たのか・・。
カルテを回す時それを私たち(事務)が確認してからでないと、
目的によって看護婦さんたちも割り振りがあったりするので向こうが混乱しまうのです。

とりあえず彼にはそこで待っててもらい、カルテを確認しに。
最後に来たのは去年の11月頃。
ということは、継続して何かの治療をしているわけではなさそうなので、薬だけもらいに来る
ことはないだろう。
(もしあったとしても、間が空きすぎているので診察してからでないと処方は出せない)
なら、きっと診察だな・・と思い、もう一度彼へ話し掛けてみました。
「せんせい、に、みて、もらう?」
なるべくゆっくり彼に聞いてみると、私の口元をじっと見ていた彼がようやく
『うん、うん』というように首を振ってくれました。

「ああ!通じたあ~(T▽T@)♪♪♪」
と、その時どれほどホッとして、どれほど嬉しかったことか!!
その後お母様がいらっしゃって、診察にはお母様がお話をしていたようです。

それにしても、目に見える障害がない人というのは一見して障害があるかどうか判らないもんです。
私は先入観で患者さんを見過ぎてるなぁ・・と反省しました。
もし、彼が話すこと聞くことが困難な患者さんだと判っていたら、早口で話し掛けたり
していなかったでしょう。
お年寄りなんかは見たらすぐ分かるので、口調をゆっくりしたり気を遣ったりするのですが、
中学生くらいの子に対してはそんなしゃべり方必要ないと思ってましたから・・。

どんな人であれ、病院に来るんだから皆さん患者さんなわけです。
そう思って一人一人の対応、きちんとしていかないといけないなぁと思いました。
慣れてくることによって生まれるスムーズさ、というものが人によっては
ただ困惑を生むだけにしかならない・・ということを勉強させられた一件だったのでした。

さて。
明日は久々に実家へ帰省します!
小学校時代の友人たちと飲み会です♪ダンナ初披露しに行きます(笑)
でも仕事終わってから行くから慌しくなりそうだ・・。
[PR]
by simarisu83 | 2005-03-11 16:04 | れっつお仕事!

徒然お仕事記⑫~私の第一印象編~

Iさんが辞めると分かって、にわかに慌しさが増してきた気がします。
火曜にはどうやらまた新しい事務さんの面接が行われた模様だし、
最近、私は雑用から外され(?)、本格的にレセコンの入力を叩き込まれております(笑)

☆「レセコン」とは?☆
『レセプトコンピュータ』の略です。
医療機関では、各患者ごとに一か月分の診療報酬をまとめた「レセプト(診療報酬明細書)」
と呼ばれるものを第三者機関(社保であれば「社会保険診療報酬支払基金」、国保であれば
「国民健康保険団体連合会」など)にレセプトを審査してもらい、各保険者(各種組合や
政府、市町村など)に送付され、診療報酬の支払ってもらったりするわけです。

私は通信で医療事務を勉強していたので、レセコンの知識はまったくと言っていいほどなくて、
せいぜい手書きレセプトの時の知識をフル活用するしかないのですが・・。
ハッキリ言ってけっこう難しいです( ̄▽ ̄;
まぁ、基本の点数の仕組みなんかは手書きでもレセコンでも同じなんですが、
なんちゅーか・・コード入力を覚えないと非常に効率が悪かったり、
キーボードが通常のPCとは違う並びのものなので、文字がどこにあるか、変換を
どうしたらいいのかいちいち迷ってしまったり。
で、他ができた!と思ったら継続管理加算とか小さいものを忘れちゃったり(涙)

当然その場その場の会計もそれで行うわけだから、トロトロやっていたら
次々と会計入力待ちのカルテが山積みになっていくわけですよ!!

ああああ、怖えぇわ~・・・。

まだまだ簡単な入力しかやっていないはずなのに、
一つのカルテ入力を終えるのに10分とか15分とかかかったりして(しかも間違っていたら
恐ろしいことになるので、一通りできたら誰かに確認してもらいつつだから)
も~、なんか頭グルグルっすよ!!
思わず、内服薬の日数入力するの忘れて「○○(←薬)2×1」とか出ちゃって、
「オイオイ、一日分しか薬出さないのかよ!」
と、自らにツッコミを入れてしまったりするのです(涙)
風邪薬とかでも最低3日分は出るのにねぇ。

あ、まぁそれはさておき。
今日もIさんと最後までレセコン入力のお勉強をしておりました。
火曜にIさんから携帯のアドレスやら住所やらを教えていただいたので、私も昨日返信したんですよ。
そしたら、
「しまりすさんって、O型だったんだね~。私てっきりAかと思ってた。」
とか言われまして・・。

何ででしょう?私は十中八九、初対面の人には「A型でしょ?」と言われる(笑)
Iさん曰く、「だって、マジメできちんとしてるからさー」だそうな。
ふむ。
確かに私は初めての場所や人の前では、若干おとなしいフリはするが。
「いや、でも最初だけですよきっと。」と言ったら、
「うん、私もねしまりすさんと初めて会った時、『この人は絶対おもしろい人だ』
って思ったんだよね~♪なんか、私と同じオーラを感じる♪」

・・・何か出ちゃってましたか、ワタシ( ̄▽ ̄)

かくいうIさんもO型だそうな。
そうかそうか、やっぱり同類(?)の匂いは嗅ぎ分けられてしまうのか。

人って最初の印象がすべてじゃないですよね。
親しくなればなるほどスルメのように味が出てくる人もいる。(←私はそうらしいよ!)
だから、いろんな人と知り合っていて損はないのかもしれん。

Iさんが私と仲良くしてくれるのは、お互いここが地元ではなく違うところから結婚したために
こっちに引っ越してきたので友人が少ない・・ということに共感してくれているらしい(^^;
そう思っていただけるのはウレシイですにゃ♪

なのに、そんな人がイの一番に辞めてしまうなんて~~(;_;)
私の心のオアシスだったのに・・。
世の中、長くいて欲しい人ほど早くいなくなってしまう。寂しいねぇ・・。

※余談ですが、Iさんが次に勤める産婦人科、ウチのクリニックの奥さんが
二人のお子さんを出産された所なんですってよ!!
「更年期とかでまた来るようになるかもね・・。」
と皆でウワサしまくり(笑)
[PR]
by simarisu83 | 2005-03-10 15:49 | れっつお仕事!

就職活動の思ひ出

しまりす画像変更しました。
うっちゃん、いつもありがとう!!

さてさて、街中でスーツ姿の学生らしき男女をよく見かけるようになりましたね。
そうか~就活か~と、ちょっと感慨深く思い出してみたり。
ほんの数年前のはずですが、かなり懐かしい気がします。

3月といえば、もう面接もぼちぼち入ってきてましたね。
初めての面接を思い出すと凹みそうになります(^^;
学生3:面接官2の面接。
声は思い切り震えるわ、言いたいことは忘れるわ・・。
帰るとき思い切り落ち込んだのを思い出す~(涙)

何事も慣れだ!と思ったのは面接がやっぱり一番大きいですね。
バイトの面接とかとは全然違うんだもん。
1回で終わるもんじゃなし。
最低3回は面接がある。
ま、選考が進めば進むほど言いたいこともまとめられるようになるし、
震えることもなくなります。
でもね~、最終面接一歩手前で落とされたりすると辛いっすね~。
最終で落とされたらもっと辛いだろうけど、最終で落ちたことはなかったので・・。

なんか、私が就活してた時はバカみたいに「何十社も受ける!」って人が
多い・・と情報誌やネットで見たような気がするけど、今でもそうなんだろうか。
確かに資料請求や会社説明会だけだったら、私も15~20社になるかもしれないけど、
実際に筆記試験やら面接やらに足を運んだのはそのうち10社もなかったような。

説明会とか行ってみるとやっぱり違うしね。
ここで自分が何をやりたいのか?
この会社のどこがいいと思っているのか?
「何となく気になるから」というだけで行ってみた会社は、
ことごとくこうしたビジョンが描けなかったので、やめちゃいましたね。
あ、でもユ○クロとかは興味本位で一次試験行ったんだ。
そしたら、うっかり三次試験の面接まで進んでしまい、
「いや・・私、ここでやりたいことなんて特にないよ・・。」
とか焦った気がします(爆)
ま、当然その面接で落ちましたけど(^^;

もう一つ、きっとダメだろうなと思ったけど子供に関わる仕事ということで
受けてみたミ○ハウス。(最近は英語塾みたいなのにも乗り出してたりするし)
ここは、説明会や一次試験で(聞くところによるとその後の各試験でも)、
受験者全員に『お土産』をくれました♪
説明会ではバンダナ。一次試験ではTシャツ。(一次で落ちたからその後は知らないけど・笑)

「受けてくれる学生さんたちは、皆、将来のお客様候補。
だから皆さんにミ○ハウスの商品をお渡しして、その良さを知っておいてもらいたい。」


というような理念だった(説明された)気がします。
それ聞いて「この会社、すごいな!!」って思いましたよ。
落とされても決して悪い気がしないし、むしろ子供が出来たらここで買ってみようって
思ってしまう。

学生に対して上の立場に出てくるような会社もあるみたいですが、
どんな会社も、学生ってのは将来自分の会社のお客様になるかもしれないってことを、
もっと肝に銘じておくべきですな。
会社の態度が悪かったところは今でも覚えてるから、
「絶対、あそこの会社には頼まねぇよ!」
とかいう所も、正直あります(笑)

会社が学生を選ぶなら、学生だって受験することによって会社を見ていくんです。
立場は同等なんですよ、ということをもっと企業側も学生側も胸に刻んでおくと
いいんじゃないかな~・・とか思ったりしたのでした。
[PR]
by simarisu83 | 2005-03-09 12:27 | 日常茶飯事(日記)

二子玉川園・・が良かったのになぁ

今日の昼の番組で「ニコタマ特集」みたいなのやってました。
二子玉川と言えば、私の地元です。
生まれ育った土地なワケです。
だから、自分の地元がマスコミに取り上げられるっていうのはちょっと誇らしいと思う反面、
久々に実家に帰ったりするとなんだかどんどん知らない街になっていくようで、
とても寂しかったりもするのです。

そもそも、「ニコタマ」って呼び方自体、地元の子は絶対使わない言葉なんですよ。
地元の子は「フタコ」って呼ぶ。(多分)
だから、「ニコタマ」って言ってる人がいると「ああ、よそ者だな」とか思ったり思わなかったり(笑)
「いぬたま、ねこたま」ができてからそうなったんかなぁ??

大体、何で駅名を「二子玉川」にしてしまったのか!?と、ちょっと腹立たしかったのですよ。
「二子玉川」のままにしておいて欲しかった・・。
何で「園」が付いてたかって?
昔、駅近くに遊園地があったんですよ。『二子玉川園』っていう。
その近くに小さな映画館もありまして、春にドラえもんの映画を観に行くのを
小さい頃はすごく楽しみにしていたもんです。
どっちもかなり昔になくなっちゃったけどね。

改名の理由は
「遊園地もなくなってしまったのに、いつまでも『園』をつけておくのはおかしい。」
ということだったらしいと聞いています。
なくなってしまったからこそ、「昔ここには遊園地があったんだよ。」という名残で「園」の文字を
残しておいてほしかったのに・・・。

私は大学で民俗学という学問を学んできました。
その土地に伝わる芸能、文化、歴史など、それがいかにして発生し、伝えられ、
現代へと移り変わってきたのか。
とても興味深い学問だったと思います。
伝承されている言葉やモノ、ヒトの一つ一つには意味があって。
それは古くからのものであったり、そうではなかったりしましたが、
それなりに土地の特徴が映し出されているものが数多くありました。

今、市町村合併なんかで住んでいた町や村の名前が消えていくことも
珍しくなくなってきました。
それぞれには土地に縁のある名前だったものも多いと思うのに。
そういうのが消えていってしまうのが、非常に残念なワケです。

新しいものを拒絶するつもりはありませんが、古いものも残していきたい。
土地の名前なんていうのは、地元に根付いていたからこそ地名になったりしたんですから。

「オシャレな街」「セレブな街」とか言われてるフタコですが、
私はいつまでも、河原で水遊びしたとか、ドブ川でザリガニ釣りしたとか、
公園のサルスベリで木登りしたとか、そういう思い出のままの地元でいて欲しいなぁ・・と
思うのは、やっぱりわがままなんでしょうか(^^;
[PR]
by simarisu83 | 2005-03-08 15:59 | 日常茶飯事(日記)

徒然お仕事記⑪~新人二人の密談編~

あ、さて。
ちょいと前になりますが、Iさんが他病院の面接を受けに行っていました。
どうやらハローワークで見つけたらしいのですが、その場で聞いてもらったところ
「すぐに働けるヒトが欲しい」
と言われたそうです。
まぁ当然、今はこっちに勤めてるワケですぐには無理だなぁと思ってたら、
「多分ダメだろうけどもし欠員が出た時に声をかけてもらったりするために、
会ってみるだけ会ってもらおう。」
とワローワークの人に言われ、行ってきたそうな。

そしたら!
決まっちゃったんですってよ!!
ウチのクリニックからさほど離れていない産婦人科に(笑)!!

今朝、Iさんからその報告を受け
「え、じゃぁいつまでいるんですか?」
「ん~、一ヶ月くらい待ってくれるっていうから今月いっぱいくらいかなぁ・・。」

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

夏くらいまではいるって言ったのに・・。
一番残っていて欲しい人だったのに・・。
これで、Iさんが今月一杯。
Aさんが5月のレセプトが終わったら辞めることが決まってしまいました。
事務が一気に2人も辞めるワケですよ(涙)

でも、ちょっと可哀想なのがMAさん。
他の誰よりも辞めたがっていて、一番転職活動してるっぽいのにまだ決まらない。
それどころか伏兵(Iさんが辞めるコト)まで出てきて、一番ショックだろうなぁ。
後になればなるほど辞め辛くなるもんね、きっと。

そんな中、新人の私とMMさんは朝の掃除(掃除機係とぞうきん係で分かれる)の合間に
誰もいない応接室の掃除をするフリをしながら(?)密談しておりました(笑)

私:「・・・聞いた?Iさんの話。」
MM:「聞きましたよ。」
私:「なんかさぁ・・どうなっちゃうんだろうね。次々辞めてくし。」
MM:「不安ですよね。ここ、職場としてどうなん?って思いますよね。」
私:「・・・・・MMさんはしばらく辞めないよねぇ?」
MM:「・・・・・・多分。え、しまりすさんも辞めないですよね?」
私:「・・・・・・多分。」
MM:「へへ・・。」
私:「はは・・。」

二人の間に、互いを牽制し合うかのような乾いた笑いが響いたのであった。( ̄▽ ̄;;

いや、でもマジで、頼むからベテラン雇ってくれ!
MMさんもニチ○で医療事務の講座を終えたばかり、私も同等。
これでは先々が不安でしょうがないっすよ!

恐らく、しばらく辞めないであろう我々(ってか二人ともクリニックから家が近いのだ)にも、
いつ不穏な空気が流れないとも知れないことを感じた今日この頃だったのでした。
[PR]
by simarisu83 | 2005-03-07 15:39 | れっつお仕事!

結局

土曜日スキーにゃ行きませんでした。あまりに降った雪がすごくて、ダンナが外に出たがらなかったため(笑)

私はちゃんと仕事行きましたよ?すげー混んだけど…( ̄∇ ̄;

今日はまた車の練習(涙)はぁ…疲れたにゃぁ…。
[PR]
by simarisu83 | 2005-03-06 20:58 | 日記

ぷりん

5日の過去日記です。

ダンナがここんとこの仕事で、非常~~~~にストレスが溜まっている模様。
もう、ホントに。
ここまで半壊しているダンナを見るのも久しぶりなくらい(^^;

と、いうわけで!
疲れたときには甘いものが良かろう・・という愛情から、仕事帰りにコージーコーナーで
プリンを買ってきました♪
(決して、私が食べたかったからだなんで言ってはいけないよ?)

んん、基本的に甘いものはそうたくさん食べられない人間なのですが、
たまに食べるとオイシイよねぇ~(^▽^)♪♪♪
久々にほんのり癒された気分だったのでした。(私は)

ち・な・み・に。
プリン体というのは痛風の原因になるもので、甘いプリンとは別物です♪
ビールとかエビとかかにみそとかに多く含まれているのでご注意を(何の知識だ・笑)
[PR]
by simarisu83 | 2005-03-05 15:13 | 日常茶飯事(日記)

徒然お仕事記⑩~雪の日編~

ああ、雪ですよ。雪だともよ!!(←ヤケ)
まぁ、見事に積もってくださいまして。バスも道路も大変なことになっていましたね。
私もバスが全然来なくて危うく遅刻かと思いましたが、始業時間までにたどり着いたのは、
私ともう一人昨日入ったばかりの新人看護婦さんの2名だけでした(爆)
「うぁ~・・・誰も来ねぇでやんの・・。」
と、思わず独り言を呟いてしまったくらい(笑)
その後バラバラと皆さん出勤してきましたが・・。
それにしても、患者さんも雪だってのにやっぱり来るもんですね~(^^;
いつもの3分の2弱くらいの来院率ではありましたが。(だからヒマと言えばヒマだった)

ヒマだった~とか言ってますけど、他のベテラン事務員さんたちは今の時期、
当然レセプトに追われているわけで。
私も今回はほんのちょびっと、レセプトに関わっております(≧∇≦)
っつーても、
「ちゃんと初診料が計算されているか、のチェック」
くらいなもんですが。

初診料というのは、初めて来た人だけが払うワケじゃーないんですよ?
久々に来院した人。
継続して治療を続けている傷病がなく、新たな傷病によって来院した人。
などにも、初診料というものがかかるのです。
ちなみに継続して治療を行っている傷病がある場合は、それ以外の新たな傷病によって
来院した人でも、この場合は初診料ではなく再診料というものが加算されます。
(初診料、再診料にしても、またそれぞれに総合病院で複数科を受診した場合やら何やらで
条件がいくつもあるので一概にこれだけでモノを言うわけにはいかんのですが、
基本はこんな感じです。)

なんですが、たまにレセプトで
『継続して治療している傷病がないのに、初診料ではなく再診料で算定している』
とかいうものが出てきてしまうそうです。
入力時点でのミスなんだろうか?
当然、初診料より再診料の方が点数が低い(要は安い)ワケで・・。
医療機関が損をしている分には保険者からその分の支払いはされず、
医療機関がまるまる損をしてしまう形になったりします(^^;

しかし・・・働いてみて初めて知ることも多いのですが、
もし自分が患者側だったら、是非自分のレセプトを確認してみたいもんです。
絶対、何か誤魔化されている気がする(笑)
昨今は、電子カルテやレセプトの開示など様々に発展させていこうという動きがあるわけですが。
まぁこれにより、ダメ医者やダメ病院が暴かれていくのはいいことなのかもしれませんな。

えーと、その時は自分は患者側として立ち会いたいもんです( ̄▽ ̄;;
[PR]
by simarisu83 | 2005-03-04 15:53 | れっつお仕事!

ダメだぁ

今夜から大雪だというせいか、今日はめっさ患者さんが多かったっす…

そんなこんなで、たいそう疲れましたので本日はこのへんで(>_<)
[PR]
by simarisu83 | 2005-03-03 22:03 | 日記

スキー恐怖再来か・・?

ダンナが言い出しました。
「週末雪だし!スキーに行くぞ!!」

嫌ああああぁぁぁぁ~~~~~!!!!。・°°・(>_<)・°°・。

またですか?
また行くんですか!?
しかも、私が土曜も仕事だと知っていながら!
「仕事帰りに拾って行く。」
とか言いやがるのですよ、あのお方は。

勘弁しとくれよう・・。
仕事帰りにスキーだなんて、めっちゃスキー好きみたいやん!!
なんで疲れた身体を休める間もなく、スキーに行かにゃならんのじゃぁっ!?

というわけで、運動会が迫ってくるとため息を吐きつつ
「雨にならないかなぁ・・。」
とかいう心境に近い状態で、週末に怯えているワタクシなのでした(涙)
[PR]
by simarisu83 | 2005-03-02 15:23 | 日常茶飯事(日記)


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
Wv3eErODいいです..
from Wv3eErOD大乱交スマッ..
PmSLgV17いやマヂ..
from PmSLgV17くれくれ厨
XSvq885qディープ..
from XSvq885qハメ次郎
VD0Nxon1俺の女神様w
from VD0Nxon1不死鳥
yZS5HYan助かりま..
from yZS5HYan猫背
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ワロたけど気持ちいかったw
from イカリングぷれい
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧