新古今しまりす集


たゆれば たゆる たゆるときィ♪ たゆった つっもりで しずんでるゥ ♪(by:『ぼのぼの』)
by simarisu83
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

つれづれゲーム記~DQⅧ④~

マルチェロ、倒しました。
弱いなぁ、あいつ・・(すでにLv41もある方が悪い・笑)

でも、マルチェロにしてもククールにしても、出生があんなに不幸でなかったらこんなにひねくれた大人にはならなかったんだろうなぁ・・。
そう思うと、諸悪の根源はバカ親父なわけで。
親のせいで子供の人生がメチャクチャにされることほど腹立たしいものはないっス。

初めて修道院で会った時のマルチェロは確かに優しかったよねぇ・・うんうん。
それが忘れられないというククールの気持ちも解らんではない。
家柄や親のことできっとずっと辛い思いをしてきたであろうマルチェロが権力を欲し、嘲笑ってた人たちを見返してやりたかったんだろうという気持ちも解らんではない。

ドラクエは単純そうなストーリーの中に複雑な人間関係やその心理が組み込まれてたりするから
好き。
FFはストーリー自体が難しくこんがらがってくるから面倒(^^;

物語りもいよいよ佳境、ってトコですかね。

・・・ところで、サザンビークの大臣が行方不明だって?
どこ行ったんだ?
家をあまりよく見なかったのがいけないのか、行方がつかめない(笑)
もう一度行ってみよう。
[PR]
by simarisu83 | 2005-01-12 12:34 | 娯楽万歳♪(ゲームとか・・)

ハウルの動く城

観てきましたよ『ハウルの動く城』。Y新聞から契約更新と引き換えにもらったチケットで。
それにしても評判があまりにも良くなかったので、「どんなもんか」と思って観たのですが。

・・・・意外とおもろいやん。

キムタクの声が合ってない~!とかいう苦情を見かけたのですが、いやいや・・なかなかどうして、キムタクっぽくなくて(感情的なセリフになるとたまに「キムタク」が出るようですが)ハウルというキャラクターに合ってたと思いますよ。私は。

倍賞千恵子も、ソフィーばあさんの時は違和感ないんですが・・18歳の若いソフィーを演じるにはちとムリがあるかも(笑)
まぁ、若いソフィーも元気はつらつな子じゃないから、まだフォローも効くけどね。

美輪明宏もいつもの妖艶な感じだけじゃなく、本当におばあちゃんみたいなセリフもあってちょっと新鮮でした。でも・・荒野の魔女ってあまり出てくる必要性を感じなかったな(^^;

所々、『千と千尋の神隠し』とかぶるような絵作りがされていて、
「何か前にも同じようなシーンを観たような・・。」
というデ・ジャ・ヴを感じることができます(笑)あまりよろしくないのですが。
宮崎監督のクセみたいなのが出てしまうんでしょう。

ストーリーがねぇ・・・なんだろ、端折り過ぎなのかまとめるのがヘタなのか。
『千と千尋~』の時も感じたのですが、かなり強引な展開の仕方をします。
「え?そんなこといつあったの?」
というような。
戦争を盛り込んでいくならもっと世界情勢について簡単な説明が最初に欲しいし、『魔法使い』という立場を認めている世界なら、『魔法使い』がその世界の中でどういう位置付けであるのかが知りたい。

もともと『魔法族』というものが存在するのか?
それとも、『一般の人間』が魔法学校へ入って魔法使いとなるのか?
「カブ」(解る人だけどうぞ)はどんな経緯で魔法をかけられていたのか?(ラストに簡単には言うんだけど、なんかどうもスッキリしない・・何でそんなことされたの??)
ソフィーの魔法はいつから解けてたのか?
年取ったくらいでこんなに性格変わるのか?(おとなしい地味な子だったのにばあさんになった途端に積極的なハリキリばあさんになっとるので)

まぁ、観終わった後様々な疑問の波に呑まれていたことは否定しません。
たぶん、こじつけようと思えばいろいろとこじつけて解答を得ることも可能かもしれません。
でもなぁ・・『魔法』や『魔法使い』ってストーリーの核でしょ?
「生きる楽しさ」と「愛する歓び」をテーマに持ってきたいのは解るけど、それすら弱く感じてしまうんですが・・。

ん?気付いたら文句だらけじゃないか!
でもホント、悪くはないと思います。この映画。それなりにおもしろいですよ。
マルクルやヒンが非常に可愛いですしね♪

ダンナとも話してたのですが、ちょっと原作読んでみたいです。
[PR]
by simarisu83 | 2005-01-11 11:51 | 映画・本等の感想文

伝言版

私信です。

まこっちへ。

ごめん、今から年賀状返します_| ̄|○|||
[PR]
by simarisu83 | 2005-01-10 15:16 | 日常茶飯事(日記)

クイズマジックアカデミーⅡ

9日の過去日記です。

深夜までゲーセンで遊んでました(爆)
『クイズマジックアカデミーⅡ』でございます。
Ⅱになる前にもずっとやっていたのですが・・。
今回初めてⅡをやってみました。
前のエントリーカードの引継ぎができるのね、ふむふむ。

・・・って、引継ぎできるのキャラクターとその名前だけぢゃんΣ( ̄ロ ̄lll) 

当然修練生から始まるワケですよ。
以前は上級魔術師まで行ってたのに。
なんかとてもショックを受けつつ・・。

今回は経験値制度になったんですね♪
うんうん、これは良いことだ!
無駄な投資をせずに済むってことですよ。
前は決勝戦まで行って、勲章をもらわないと上へ上がれませんでしたから。
あろうことか、上級までいくと(中級もそうだったかなぁ?)予選の1,2回戦敗退では勲章を剥奪され、級が下がるという恐ろしいシステムでしたからね(^^;
「今までの苦労は!?」
みたいな部分もあったもんね。
経験値システムとはいいことですわ。

それにしても大人気らしく、しばらく待たないと席が空かないんですよ。
で、ようやく空いたのでしょうがないから修練生から始めて、初級魔術師2級まで1時間程度で一気に来ました(笑)
・・・ってか、皆レベル低いぞ~!
解答スピード遅いし、「何でこんな問題で?」ってので間違えるし。
いや・・・・ヒトのことは言えませんけども。(特にスポーツとか)

今回、キャラにコメントを選んで付けられるみたいです。(「よろしく」とか「はじめまして」とか)
ダンナは「これだ!これしかない!!」と大喜びでこんなコメントを付けてました。

『けちらしてやる!』

・・・そういうヒトだよ、あんたは・・。
そんなことをしていた日曜の深夜なのでした。
[PR]
by simarisu83 | 2005-01-09 15:14 | 娯楽万歳♪(ゲームとか・・)

不倫のお誘い・・???

ちょっと前にとあるスーパーで夫婦で買い物をしていたところ、ダンナの会社の派遣さん(女性)に会いまして・・。
まぁちょっと挨拶をした程度なのですが。
何故かその後会社で、彼女から「スキーに行きませんか?」と誘われた、とのこと。
「奥様もよろしければ。」(ついでか!?)と。

どうやらその人は我々と違い、元々そこが地元である人らしく。
だとすれば遊び友達に不自由しているわけではないと思うのですが。
「あまり大人数もあれなので、3人(我々夫婦と彼女)でもいいですよ。」
とか言っていたらしいのですが。
(・・・ってか、3人で行くんスか!?Σ( ̄□ ̄;))

ただスキーに一緒に行く相手が欲しいだけなら何故我々なのか、と。
地元の友達がいるはずじゃないですか?
なんてことを指摘したら、ダンナが
「それって、○○さん、俺のこと好きなのかなぁ~」
とかのんびり言っていたりして非常に腹立たしい(笑)

「恋愛感情かどうかは別として俺は話しやすいみたいだけどね。」
とも言ってました。
ふうむ・・・。
これは、どう見たらいいのだろう。
ってか、一緒にスキーに行っていいものなんだろうか。

会った雰囲気では、まぁ普通の女の人で。
イマドキっぽいケバケバしい雰囲気ではなく、本当にごく普通のOLさん。
ダンナも「あの人はいい人だと思うよ。」と言う通り、特に悪い人には見えませんでしたが。

なんだかねぇ・・ダンナの会社の人と会うのは初めてなもんで。
対応に困る。
自分の知り合いじゃないから、無下に断るワケにもいかないし。
ただ本当に親切で言ってくれているなら悪いし。
でも、あまりいい気分はしないし。
どうしたもんでしょうか。
[PR]
by simarisu83 | 2005-01-08 17:50 | 夫婦・家族

大切な人が傍にいることの幸せ

びっくりしました。
『カンニング中島氏白血病』(Yahooはリンク切れるのが早いので読みたい方はお早めに)のニュース。
昨年、いやというほどお笑い番組を見てまして・・正直言えば、あまりカンニングの芸風は好きではなかったのですが(^^;
でも、年末の特番でカンニングの竹山氏だけが一人出ていて
「早く元気になって戻ってこい!!」
って叫んでた時、笑えるよりもなんだか切なくなってしまいました。
思えば、あの時にはもう相方が白血病であるということを知っていたのでしょう。
だからこそ、あれだけ訴えるように叫んでいたのかもしれません。

「助かる」と解っていても、不安でしょうがないんじゃないかと思います。
本人も、家族も、友人も。
まして、良性だといっても白血病。
悪性に転化する恐れはないのか、100%の完治という説明は本当に正しいのか。

私は幸いにして、身内以外で親しい人を亡くしたことは今のところありません。
でも、いつか必ずそういう日が訪れることでしょう。
それは明日突然訪れるものかもしれないし、この先何十年も先になるかもしれない。

ふと、ダンナの前の前に付き合っていた彼氏のことを思い出しました。
バイト先で知り合い、本当にちょっとしたきっかけで付き合うようになり・・。
大好きでした。
それまでに好きになった誰よりも。
だから、お互い電話口で泣きながら別れ話になった時、頭はパニック状態でした。
ちょうど私の就職活動は佳境に入っていた頃。
そして彼は新入社員として大忙しだった頃。
お互いにお互いを思い遣る気持ちが、余裕がなかったあの頃。

4月下旬には私は内定を2つ獲得しましたが、その直前に別れたのです。
もうちょっと我慢すれば乗り越えられたかもしれない小さなケンカがきっかけでした。
おかげで連休はボロボロ。
「あの電話が夢だったらいいのに・・」
と何度思ったことか。
食欲もなく、身体も動かない。ほぼ寝たきりの連休。
家族には「就活の疲れが出たんだよ。」とウソついて、部屋から全然出ず。

あんな感じなのかなぁ・・ものすごい喪失感と虚脱感。
あのままだったら自分が死んじゃうよってくらい、身体も心も何も反応してくれなくて。
上辺だけはなんとか笑って受け答えしてたけど・・。
誰かを失うということがこんなに辛いことなのか、と身をもって感じたのでした。

今、ダンナがいなくなったらどうなるんだろうなぁ・・。
いつも意地悪なことばっかり言って、いじめてるけど(私が・笑)、でもやっぱり結婚までしようと思えたのは彼のことが好きだったわけで。
多分、自分の親兄弟がいなくなるのと同じか、それ以上に悲しいだろうな。

大切に思える人たちが元気で生きていてくれるということ。
本当にそれだけで幸せだな~って思える。

突然最初の話題に戻るけど、竹山氏はギャラの一部を中島氏の治療費に充てて欲しいって言ってるそうな。
この二人って小学校時代からの友人なんですって?
結びつきもまたひとしおでしょうね。

中島氏の回復と復帰を祈りつつ・・。
[PR]
by simarisu83 | 2005-01-07 16:04 | 昨今のニュースより

はんむらび~法典♪

そういや、一昨日の性犯罪者についてのお話。
大学の頃友人と「こういう奴等は宦官にしてしまったらどうだ?」という話をした覚えがあります。
ま、「宦官」は古代中国の役職名ですから、一般では所謂『宮刑』というやつですな。
え?解りにくい?
そういう方はこちらの『宦官列傳』様の「宦官簡単講座」を読まれるとよろしいかと。
歴史をちゃんと勉強してきた人なら何となく忘れられない言葉ですよね(笑)

ハンムラビ法典が正しい法であったとはとても思えませんが・・。
でも、犯した罪に類似した罰を与えた方が、自分の罪をよく知るのにいいんじゃないかな~とか密かに思ったりして。
だからって死刑賛成論者なワケでもないですけどね。

日本は刑期が短いし罰則もあまり厳しくない。(と、思う)
厳しくすりゃいいってものではないのは解りますけど、こういう病的な嗜好を持った人間をどうしたら矯正できるものなんでしょうね?
いや、むしろ矯正はあきらめるべきか・・。
そうそう、だったら宮刑にしたらどうだ、と。
そんな考えになってしまったりするのですよ。

ま、罰則が厳しくてもアメリカみたいに「懲役何百年」とかってのは無理だろうなぁ・・。
そんな罪人ばっかりじゃ狭い日本の刑務所はパンクしてしまうし(今でもパンクしてるし)、
それを税金で賄ってるわけだから(だよね?)、こちとらやってられんっちゅー話だし。
海外では企業が刑務所の費用(具体的には解らないけど)を拠出してたりしますよね。
あれってどういう制度なんだろ?

「懲役何百年」は宗教(キリスト教か?)の概念から出てくるものだから、日本では定着しないだろうしね。
「死んでもなお罪を償え」という。(確か・・)
死んだら輪廻転生で別人として甦る、という仏教的な考えの強い日本じゃ無理だろう。

とか何とか書いてますけど、私は法律については何も知らないので(^^;
人権擁護だとかそれぞれのお国事情だとか、法律を定めるにあたってはいろいろあるのでしょう。
どんなに重大な犯罪を犯しても、それに至った背景なんかで情状酌量とか決められるしね。

犯罪と法律。
結局はイタチごっこみたいなものなのかもしれませんな。
[PR]
by simarisu83 | 2005-01-06 15:41 | 昨今のニュースより

サルヂエ

皆様『サルヂエ』という番組をご存知でしょうか?
関東では日テレで月曜夜11時40分より放送されているクイズ番組です。
ん~・・クイズ番組というよりは、なぞなぞ番組と言った方が近いかな?
大半が「言葉あそび」的な問題が多いですから。

でもって昨日、その2時間SPがやっていました。
いや~スパッと解けるものはいいんですが、いつまで経っても解らないものもたくさんありましたねぇ(^^;
そういや、番組中の問題でみのもんたが出てきて

みの:「私を見ると必ず欲しくなる栄養素とは何でしょう?」

とかいう問題を出しておりました。
それを見てダンナが「う~ん・・」と考えた挙句、「カルシウム?」と一言。

私:「何で?」
夫:「みのもんた見るとイライラするから☆」
私:「ほほう・・それは、恐らくなぞなぞの答えとしては間違っているが、ヒトとしては正しい解答だね!(≧▽≦)b」

等とたいそう盛り上がりつつ・・(笑)
ちなみにコレの正解は「あ!みのさん!」→「アミノ酸」だそうな。

ええと、何かいつも言ってる気がするんですが頭を働かせる番組って大好きです。
ただ見てるだけじゃダメですよ?
一緒に頭をフル回転させる番組が良いのです♪

昨年は「お笑い」「クイズ」「マジック(=手品)」の番組がけっこう流行ってましたよね。
ダンナの大好きなものBEST3が思い切り流行っていたわけです。
「クイズ」や「マジック」は当然答えを求めようとしたり、トリックを見破ってやろうとしたりするので頭を働かせるのですが、彼は「お笑い」までエラソーにいろいろと分析します(笑)
おかげで、私までお笑いを見ながらネタ分析(?)をするクセがついてしまいましたよ。
まぁそんなワケで一年中頭を働かせる番組ばかり見てました。

今年もしばらくはお笑いブームは続くでしょうし、「クイズ」「マジック」もそこそこ番組として流れてくれることを希望します。
今さら恋愛モノのドラマなんて喜んで見るような夫婦じゃないから、そういうのをたくさんやってくれないといつもニュースばっかり見ちゃうよ( ̄▽ ̄;

隙あらばニュースを見たがるワタクシなのでした。
[PR]
by simarisu83 | 2005-01-05 15:16 | 映画・本等の感想文

ココロの傷

「奈良の小1女児誘拐殺害事件」って、新年初っ端からイヤな話題ではあるのですが・・。
出来心とかそういうんじゃなくて、昔から同じようにわいせつ事件なんかを繰り返していて、なおかつ今回の事件についても「誰でも良かった」だとか「悪いことをしたと思ってない」とか、ホントボコボコにぶん殴って、す巻きにして、東京湾に沈めてやりたいヤツですね☆

加害者の保護ばかりが優先されているという批判の多い日本の法体制ですが、最近はちょっとずつ加害者の出所後の情報公開についても考えられ始めてますよね。
確かに加害者の更生やら社会復帰やらを考えると、あまりに加害者の情報が出回ってしまうのは怖い気もします。
だって、身近にこんな犯罪を犯した人がいる・・って判ってしまったら、そうしたくなくても絶対先入観で相手を見てしまう気がするから。
でも、こういう本当にどうしようもない輩がいると、そういう人が社会復帰したって聞いたら被害者も怖いだろうし、周囲にいる人たちも怖い・・と思ってしまうのが一般的ですよ。恐らく。

新聞読んで初めて知ったのですが、日本って犯罪歴のある人間についての情報を各警察でデータベースを共有しているワケではないんですね??
私はてっきり、もうそういうものはデータベース化されてどこの警察でも情報を共有できているもんだとばかり思っていました。(映画や小説の読みすぎなんでしょうか)

ものすごい効率悪っ・・。

我々一般市民が知っている必要はないかもしれませんが、せめて警察の方でいつでも確認できてくれれば、警察に対する信用度も少しは上がるんじゃないのかなぁ(^^;
そんな単純なことではないか。

私も一応普通に女性として生きてきたわけですから、痴漢に遭うだとか変な人にからまれただとかいう経験がないわけじゃーないです。
そのたびにイヤな思いをしてきましたし、未だに傷となって残っているものもあります。
特に幼い頃に遭遇した痴漢(というかなんというか・・)に関しては、未だに鳥肌が立つくらい気持ち悪い感覚が甦ることがあります。

子供の心は繊細です。
ちょっとした傷でそれからの人生がガラッと変わってしまうのは大人の比ではありません。
大人になったからと言ってその傷が癒えるわけでも薄くなるわけでもないのです。
私は未だに身体を触られるのが非常に苦手です。
嫌悪感で一杯になってしまうことが多いです。
それは相手がダンナであっても変わりはなくて・・まぁ多少は慣れてはきましたが。
彼氏であっても夫であっても嫌悪感が湧く時は
「触らないで!!」
と怒鳴りつけたことも1度や2度ではありません。今でも小さなパニックを起こしてしまいます。
精神科へ行って診てもらうまでもなく、これはある種、自分のココロの病であると認識しています。

今回の奈良の女の子の事件では、もうその子が亡くなってしまっているのでこういったPTSDのようなものが残ることはありません。
生きていれば生きていたで幸せであったかもしれませんが、ココロの傷が残る可能性は高かったことでしょう。
生きていくことで、ココロの傷を克服するのはそう簡単なことではありません。

友人もコレ見てるのに、こんなん書いていいのかな~(^^;
まぁ私にとっては「今さら」という気もするし、本当はどこかにはけ口を求めているのかもしれません。
以前書いたココロの話と同様に、どこかに書いておきたいのかも。
幸いダンナはいろいろ理解のある人ですし、私自身も少しずつ物事を前向きに考えるようにはしているのですが、まぁ一朝一夕じゃ無理ですね。
長年ココロの奥に溜め込まれてきているものを掃除するには時間がかかるでしょう。

ヒトのココロはいろんな問題がいっぱい詰まっています。
それは他人があれこれと推測できるようなものではないかもしれません。
だけど、「みんないろんなことで悩んでるんだなぁ・・」って、ちょっと思ってあげるだけで、嫌いな相手のことが少し身近になったりしませんか?(しないかな・笑)

本当は、そっとしておいてほしい。
誰にも傷に触れてほしくない。
だけど、自分で溜め込んでも膿んでいくだけで治療はできないのなら。

信頼できる人に思い切って傷を見せてみるのも、一つの手なのかな・・と、最近ようやく思えるようになってきました。

冒頭と話が全然変わってしまってゴメンナサイでしたm(__)m
[PR]
by simarisu83 | 2005-01-04 18:53 | ココロの中身

謎のゲーム大会

1~2日と、私の実家へ帰っていたわけですが。
2日の午後に、前々から聞かされていた『ゲーム大会』が行われました。
小3の親戚の女の子が1人、20代が2人(我々夫婦)、40代が1人、50代が3人、60代が1人、80代が2人。

なんて年齢層の高いゲーム大会なんだ・・・。

内容は、「クイズ」と「歴史問題」と「常識問題」と「お絵描きしりとり」と「大貧民」(笑)
どうやらこの日のためにウチの両親含め、親戚の女の子等が準備してきたようです。
A,Bの2チームに分かれてポイント制。
ポイントを多く取った方が景品(こんなのまで用意してるし!)をもらえるという・・。

親戚の子が出したクイズの難しかったこと・・( ̄▽ ̄;;
「私なんて10秒で分かったよ~」
と言われつつも、大人はもう頭カチカチらしくて(笑)
歴史と常識問題は大人たちの中ではいい勝負でしたけども。
あみだくじでチームを決めたらダンナと同じチームだったので、そのへんは我々の方が出来が良かったようです。

一番大変だったのが、「お絵描きしりとり」!
まぁ、文字通り絵を描いてしりとりをつなげていくわけですが・・。
『さかな』の絵から始まって、『とり』の絵で終わるようにつなげるという条件つき。
一人ずつ前に出て新聞紙に絵を描いていくんだけど、チームに戻ってからその話をするのは一切禁止。
いや~~~~絵が残ってないのが残念ですが、大変でした~~~!
意外と相手チームの絵がみんな上手で。
ウチのチームはダンナが最後にヘマをやらかしたのでポイントならずでした。
でも楽しかったぁ\(o⌒∇⌒o)/ ♪

うちの実家はいろんなことをしてくれるので楽しいっす。
人によっては「うるさい家族」かもしれませんが・・それもまたヨシということで。

あ、結局その後早めに切り上げてダンナの実家へも行ってきました。
ここは義父母(&わんこ)のみで暮らしているので静かで落ち着いておりました。
みんなで夕飯食べに行って、わんこと遊んで、「ぷっすま」のSPだけ見て夜中に帰ってきました。
夜中の道は空いてていいですわ。

うん、でもなかなか楽しい正月休みだったな♪
[PR]
by simarisu83 | 2005-01-03 15:14 | 夫婦・家族


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
Wv3eErODいいです..
from Wv3eErOD大乱交スマッ..
PmSLgV17いやマヂ..
from PmSLgV17くれくれ厨
XSvq885qディープ..
from XSvq885qハメ次郎
VD0Nxon1俺の女神様w
from VD0Nxon1不死鳥
yZS5HYan助かりま..
from yZS5HYan猫背
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ワロたけど気持ちいかったw
from イカリングぷれい
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧