新古今しまりす集


たゆれば たゆる たゆるときィ♪ たゆった つっもりで しずんでるゥ ♪(by:『ぼのぼの』)
by simarisu83

<   2004年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

言っていいコト、悪いコト

昨日、久々に「あいのり」見ました。あまりメンバーに変化がないように見えるのは何故(笑)?主題歌もいつの間にか変わってたんですね。
夫:「なんか下手くそなのが歌ってるねぇ。」
私:「う~ん、誰だろう・・”Mi”??って誰??」
夫:「”ミィ”?ミ・・・ミ・・ミトコンドリア!」(どういう思考回路でこんな単語が出てくるのだ)
私:「それ、絶対違うから。」
なんて会話をしておりました。

新しく入ってたソルトちゃん(京都出身の20歳)かわいい子やなぁ~と思って見ていたのですが、裕くん(24歳学童保育指導員、女の子と話すのが苦手そうなヒト)と二人で会話をしていた時、緊張もあいまってしどろもどろになっている裕くんにため息つきつつ、
「正直に話していい?やっぱヘタレに見えるし面白くない。」
と言い放っておりました。

それ見て、「何だコイツ。」とか思ってしまいました(^^;
「キッパリハッキリ物事を言える人間はカッコイイ」
とでも思ってるんでしょうか。
もちろん、そのこと自体を否定するつもりはありませんが。

自分の意見を持ち自分の言葉でそれを伝えることは必要な能力ですし、それをできない人が多い中で、実際身につけて実行できるヒトというのは確かに「カッコイイ」と思います。
でも、それは「言いっ放し」にしておけばいいものではないとも思います。
人間が集団で生活をする生き物である以上、相手の気持ちを考え、言葉を選び、その上できちんと自分の意見を自分の言葉で相手に伝える。
それが正しい「意思表示」であると思うし、「カッコイイ」ものじゃないかと思います。
強い言い方は時として相手を萎縮させてしまうだけでなく、自信をも奪い去り人格否定にまで発展させてしまうこともあります。

どうなふうに言えば相手を傷つけてしまうか。
どんなふうに言えば相手に理解してもらえるか。
本当に難しいことです。

私が教育関係に勤めていた時、”吃音”いわゆる「つまり・どもり症」の中3の男の子がいました。
「せ、せせせ、・・・・先生、い・・・い・・いらっしゃいますかっ!」
というような感じで、いつも必死に言葉を伝えようとしてくれました。
本当は最後まで言わせなくても彼の言いたいことは理解できてしまうのですが、自分の伝えるべきことをすべて言い終えることが出来た時の彼の満足げな笑顔を思うと、途中で遮って
「ああ、○○先生ね、ちょっと待ってね。」
と言うこともできないのです。
どんなに仕事が忙しい時でも、彼が必死に伝えようとしている言葉をすべて聞き終えるまで辛抱強く相手をしていました。
言葉をうまく話せないけど、一生懸命何かを伝えようとしている姿はとても立派だったと思っています。

ところが、ある日を境に彼はほとんどしゃべらなくなりました。
いつも明るい表情で職員室へ来てくれていたのに、たまにやってきても低い声でボソボソっと何かを言ってその後ずっと黙ってしまうのです。
どうやら息子の吃音に悩んだお母様が、吃音を直す訓練所のような所へ通わせるようになさったそうです。
訓練所でどのようなトレーニングをしているかは分かりません。が、彼の沈んだ様子から楽しいものではないのではないか、という気がしました。

障害のある人に向かって「あなたは障害者だからこういう所が良くない」と面と向かって言える人っているんでしょうか?
普通は相手の状態を思い遣って、口には出さないものですよね。
障害のない人相手だから何を言ってもいいのでしょうか?
私はそうは思いません。
もちろん、相手にとって言いづらいことを伝えなければいけないことって生きている中で往々にしてあると思います。
そういう時はフォローを入れながら、相手を気遣いながら伝えるというのが本当の所じゃないのかなぁ・・と思ってしまいます。

厳しく言うべき時であっても、相手のマイナス部分だけを糾弾した所で「じゃぁ頑張ろう」と発奮することは難しいと思います。
「あなたこういう所は良いところだけど、こういう部分は良くないと思うよ。」
そういう言い方ってできないものでしょうか?
講師という立場を経験していたのでこういう考え方になってしまったのかもしれませんが、相手の気持ちを考えず自分の言いたいことだけ言って、
「あとは自分でどうにかしたら?」
という態度というのは、ただの意見の押し付け、投げっぱなしであって何の解決を生むとも思えません。

言うべきことをハッキリ言えるのは素晴らしいと思います。
私は人に嫌われるのが怖いから言いたいことを言えないこともあるし、言うべき段階になってもものすごく言葉を選んでしまうので・・。
もし、自分の言いたいことだけを言っても許される環境で生きてきたのなら、それは周りの理解と広い包容力のおかげであって、決してそれが「カッコイイ」と思われているわけでも「正しい」と認められているわけでもないということを知らないといけないのかもしれませんね。

もちろん、我が身についても考えなければならないことはたくさんあるんですけどね。
『人のフリ見て我がフリ直せ』ってことで、ちょっと語ってみました。

こんなことばっかり書いてるから説教くさいって言われるんだよなぁ・・(ーー;
[PR]
by simarisu83 | 2004-11-30 16:06 | ココロの中身

座頭市

昨日、北野武監督の『座頭市』がやっていましたね。
去年公開されたばっかりなのに、やるなぁテレビ朝日!とか思っていたら、製作にテレビ朝日が関連していたのですね。
けっこう話題になっていた頃は見たいなぁと思っていたので、DVD等を借りずに見られるのは嬉しい限りでした(金かからんし・笑)。何と言ってもCFで流れていたあの「着物deタップ!」みたいなやつ!あれが見たかったんですよね~♪

で、見てみたんですが。
「ん?ん~・・・確かにおもしろい・・とは思うけど・・?」
ってカンジでしょうか(←分かりづらい)
時代劇特有の勧善懲悪のストーリー、時代劇らしからぬリズミカルな演出、それにミニコントが時々挟まってきて、確かになかなか斬新で良かったと思います。
でも、なんか「このシーンって必要なの?」とか、「この登場人物って結局何で出てきたの?」というのがわりとありまして・・。
まぁ、そういうところがおもしろい、と言えなくもないのかもしれませんが(^^;
今回、北野監督は「エンターテイメントを撮る!」と言っていたそうなので、そういう意味では成功している映画なのかもしれませんね。
普通の時代劇を期待して見る・・ような人はいないか(笑)北野作品だもんね。

でも、最後の集団タップダンスはすごかったなぁ。
日本の伝統芸能とタップを合わせたようなダンスシーンがあるんですが、文化史好き人間としては思わず興奮してしまいました(笑)一人で
「うわ~、すごいなぁ~すごいなぁ~(^▽^@)♪♪♪」
と言い続けてダンナにうるさがられてましたよ。

座頭市と言えば昔は勝新太郎だったじゃないですか。
まぁ見たことはないんですが、リメイクされた(?)映画を観ると元の映画やそれに関連した映画も観たくなりますね。
機会があったら観てみようかな、と思ったのでした。

一時期、曾祖母と同居していた頃がありその頃さんざん時代劇やサスペンスドラマを一緒に見てました。そのせいで(?)昔は松平健が好きだったんだよなぁ・・。
まさか今になって「マツケンサ~ン~バ~♪オ・レ!!」なんて歌い出すとは思いもよらず。でもうっかりこんなページで試聴してみちゃったりして☆
そしてマツケンと聞くと、大学時代の教授のことを思い出すのはきっと彼の授業を受けていた人たちなら間違いなく同意してくれるに違いない!

なんか、年寄りが元気な時代だよなぁ・・とふと思ったりしたのでした。
[PR]
by simarisu83 | 2004-11-29 15:08 | 映画・本等の感想文

DQⅧの影響(?)

Amazonで予約しておいたら、昨日の発売日当日の夕飯頃到着しました。
佐○急便のおじちゃん(Amazonで注文をする時よく持ってきてくれる人なので、すでに顔見知りなのだ)が

「いや~今日来た荷物はね、130個くらいあったんだけどそのうち70個くらいがこういうゲームでねぇ。まぁしまりすさん(仮名)のお宅は大人だからいいんだけど、注文したのが中高生とかっていうのが多くて、『まだ来ないのか』ってウチの電話鳴りっぱなしだったんですよ。
もう、今日はここが最後!やっとこれで家に帰れるよ~。」

と愚痴を言っておりました(笑)
あまりに気の毒だったので
「本当ご苦労様です。いつもありがとうございます~(^^;」
とねぎらっておきました。

ははぁ、なるほどね。中高生が注文したりするんだ。
大変だったろうなぁ、今日(っていうか昨日)は。
何でこんな時間にブログ書いてるかと言いますと、ダンナがDQⅧを始めてしまったので私は先の話を見ないように上に上がってネットを繋いでいるワケです。
ついでにピアノ(というかキーボード)の練習でもしようかな、と思って。

しかし・・ダンナがやり始めたのをちらっと見てたんだけど、予想通り3Dはきっついわ~。
絶対長時間は続けられない!かなり酔うこと間違いなし。
明日は日曜だし、ダンナも今日の土曜出勤が響いてて
「日曜はどこも出かけないからねっ!」
と宣言していたので、今日のところはゲームを譲ってやることにします。

んでも、もう眠いっす・・。
そろそろ寝ようっと。(ダンナ放っておいて)
[PR]
by simarisu83 | 2004-11-28 01:15 | 娯楽万歳♪(ゲームとか・・)

ドラクエⅧ発売だっ!

本日はダンナが土曜出勤のため、朝ぶつぶつ言いながら出て行きました(笑)
ので、ブログ書きつつ暇つぶし。(土日は勉強しないと決めているので)

今日はいよいよ!!ドラクエⅧの発売ですね~♪
いや、そんなに楽しみにしていたかと問われるとそうでもないんですが(←オイ)
何となく惰性で買ってしまうんですよね・・どこかで断ち切らないと(^^;
FFはⅧまでなんとかやっていましたが、Ⅸは兄貴が友人から借りてきていて私の知らないうちに返してしまったので話を進められないままウヤムヤになってしまいました。
それ以後、なんとなく評判も芳しくないことからFFはやってませんねぇ。
ドラクエも徐々に評判落ちてるようですけども。

実は3D的なゲームって苦手だったりします。酔うから(涙)
だから今回のDQも3D的という話らしいので、続けるのが苦しいなぁとすでに今から心配してたりして・・。DQⅤ(PS2版)でⅧの開発映像か何かがオマケのDVDでついていたので、何となくの雰囲気はつかめてるんですけどね。
今回もモンスター仲間にできるのかな。私はそれだけが楽しみですよ。

RPGは一度手をつけるとしばらくはそのゲームにかかりきりになってしまうので、気をつけておかないとかなり進んでいる(一通りの課程を終え、現在総復習中の)勉強がまた後退してしまいかねない。
早ければ来年早々にも資格試験を受けたい(受かりたいではない所がミソ。一度で受かるとはあまり思っていない・・)とは思うんですが。

このまま働かずに(今は勉強という名のもとでお休み中・笑)家に居るとゲームばかりやっているダメ主婦になってしまう・・。
来年は働くぞ~~!!!

(何かDQと関係ない話で終わってしまった)
[PR]
by simarisu83 | 2004-11-27 14:16 | 娯楽万歳♪(ゲームとか・・)

つれづれ夢日記

私はわりとよく夢を見る方じゃないかと思います。
学生の頃日記をつけるついでに「夢日記」もチョコチョコっと走り書きしていたことがあります。目が覚めた直後に書き記すので、ものすごいヘロヘロ文字ではあるのですが・・。
ちなみに私がよく見る夢のベスト3としては、①逃げる②隠れる③戦うのいずれかが入っていることが多く、大丈夫か自分!?と思うこともしばしばあります(笑)

なので、ちょっと興味をもって夢診断のサイトをウロウロしてみました。
『眠れる森の夢占い』さんではストレスチェックができます。私は精神的負担がかなり増えているそうです(笑)でも簡単過ぎるのでちょっとアレかな。
『眠り男の夢占い』さんでは、ちょっと詳しく夢の中の行動とかについての意味なんかが書かれてたり、『畳の上でつぶやき』さんでは、夢診断の部屋があったりしました。
ここの診断によると、ここでも私は日常生活に疲れているそうな(笑)
しかし・・夢というのは不条理極まりないと申しますか・・ワケわかんないですよね。
例えば、先日見た夢。

私は、森の中を誰かと会うために歩いていました。夜らしく、森の中は真っ暗です。なのにぼんやりと周囲が見えるのですが、とりあえず木ばかりです。
急に木々が開け、小さな広場のようなところに出ました。すると足元に誰かが倒れているのに気付きます。慌てて助け起こそうとすると、倒れていた人物はドナルド(notアヒル。道化師の方)でした。口から血を流しています。(でも、あのメイクのままなのでもしかしたら化粧なのかもしれません)
息も絶え絶えに何かを訴えようとしているので聞いてみると、どうやらドナルドは今夜この場所で誰かを暗殺する指令書を受け取るはずだったそうです。ところが、その前に敵(敵って誰だ)に襲われたというのです。
気付くと我々の周りにはたくさんの青とピンクの服と帽子を身につけた小人(妖精?)が「にゃー」だの「ぎゃー」だの言いながら互いに戦っています。ドナルド曰く、そのたくさんの小人の中に指令書を持ったヤツが混じっているそうで・・それを探し出し、私にその暗殺を実行してくれ、と言い残し動かなくなってしまいました。
青とピンクどっちが自分の味方なのか判らないし、誰を暗殺するんだかも判らないし、途方に暮れている中、「マクドナルドって暗殺なんて仕事も裏でやってるんだな・・。」とぼんやり考えていたところで目が覚めました。

私、マクドナルドに何かイヤな思い出でもあるんでしょうか・・・。
こんなの診断したところで、深層心理って解るもんなんでしょうかねぇ??

ちなみに、変に血みどろの惨劇の夢を見ることも多々あります。
もう何年も前の夢なのに未だに、生ぬるい血の感触や刃先が人を貫く際に筋繊維を断ち切るブチブチという感触、斬られる痛み等ハッキリ覚えているかなり怖い夢もあります。
楽しい夢や幸せな夢もあるはずなのに、覚えているのは怖かったり悲しかったり、感情に激しく残るものばかりなんですね。

夏目漱石の『夢十夜』という小説をご存知でしょうか?
「こんな夢をみた」という出だしで始まる十個の夢を紹介したものです。
怖いもの、理不尽なもの、不思議なもの・・夢の形は様々です。
夢だけど、夢なのに、苦しくて恐ろしくて切ない。そんなお話が載っています。私は中学の頃この小説を読んでさっぱりワケが解らなかったという思い出がありますが、それでも非現実的な夢の中の情景に魅せられ、この小説がけっこう好きだったりします。

人が抱えている悩みや苦しみが夢に現れるのであれば、もっと解り易い形にしてくれたらいいのになぁ・・そうしたら、もっと現実での対処の仕方が解るのに。
そんなことを思いつつ、解らないからこその夢。
そして解明するのが難しいあたりが人間のミステリーなのかなぁ、と思う今日この頃でございます。
[PR]
by simarisu83 | 2004-11-26 16:09 | ココロの中身

つれづれ旅日記~箱根②編~

あ、さて・・。
翌日はいよいよユネッサン本体(?)に乗り込みます!しかしここで大きな問題が・・!

水着忘れました_| ̄|○|||(何しに行く気だったんだか・・)

まぁ、とりあえず水着のレンタルもやっているようなので借りることに。やっぱりと言うか、何故かと言うか女性の方がレンタル料高いんスね。しかも、たいして種類はありません。販売の方は若者らしい水着が揃ってましたが、レンタルは若干おばさんくさいカンジ??
ま、私はイマドキの若い女性と違いそんなことは気にしません(笑)ってか、水着って嫌いなんです。泳ぐの自体嫌いだからあまり着ないし。
ってな感じで各々更衣室へ向かい、水着に着替えた後で待ち合わせることに。(水着の上から羽織れる館内着やタオルは貸してくれます)
滅多に見ない私の水着姿にダンナが
夫:「ふ~ん・・しまちゃん(仮名)の太ももって意外と太・・・いだだだだY(>_<、)Y!!」
私:「この口か!この口がそういうことを言うのか!!ヽ。(ー_ーメ)」
と、互いに軽いジャブを交わしつつ(笑)、まずは『湯~とぴあ』エリアから攻略することに。
※ちなみにユネッサンは『湯~とぴあ』『ユネッサン』『森の湯』のエリアに分かれています。

《湯~とぴあ》
まず最初に目に入るのが「本格コーヒー風呂」とかいうやつです。「アートコーヒーと共同開発!」と謳っておりますが、どう匂いを嗅いでも感想は「麦茶。」としか言いようがありません。いや、いいんですけど・・ある意味香ばしい匂いだから。でもなぁ、コーヒーの匂いではないなぁ。
で、階段をトコトコ上がっていくと「酒風呂」「緑茶風呂」なんかがありました。「酒風呂」は、「どのへんが酒?」ってくらいよく判らないカンジでしたが、どうやら樽から時々落ちる雫が日本酒らしく・・うん、でもよく判らなかったよ(笑)「緑茶風呂」は色も緑だし、確かにお茶の香りがしていてなかなか気持ちよかったです。
さらに上の方へ行くと小屋みたいな中に「炭風呂」なるものがありました。これまた気持ちよくゆったり入れます。ただ、何故風呂の色が青いのか・・?
あ、それと間欠泉を見ることが出来ます。ご丁寧にも『あと○分』などという電光掲示が出ています(笑)HPでは「1時間に一度」と書いてありましたが、我々が行った時はどうも時間はまちまちでしたね。
「散歩風呂」とかいうのもあります。小石が敷き詰められた道に温水が流れててそこを歩くのですが、これがまたとにかく痛い!けっこう歩くのが辛かったです。

さて、ついでなのでここで昼飯も食べてしまいます。
味?そのへんはサラッと流して次の『ユネッサン』エリアへ行きましょう(笑)

《ユネッサン》
まず、初めから興味津々だった『死海風呂』なるものに向かいます。イスラエルから輸入した「死海の塩」ってのを使ってるらしいんですよ、奥さん!浮くんですってよ!んで、行ってみるとまずは注意事項がいくつか書いてありました。
①3分以上の入浴はご遠慮ください。②目に入ると強烈な刺激があります。目に入らないようご注意ください。③傷口のある方は入浴をご遠慮ください。など。
私は乾燥肌なので、冬場は痒くてかきむしってしまうんですね。だから足は特に傷口だらけなのです(^^;でも、「入ってみたい!」という誘惑に勝てるわけないじゃーありませんか。そろり、そろり、と入ってみます。
「いたたたた・・・・いたたたたたたた・・・・いだだだだだだ・・・。」
かなり痛いです(涙)美容に効果的とか言ってますけど、これ本当は肌に悪いんじゃないですか??(←傷があるのに入るヤツが悪い)
頭を淵に乗せるとプカ~ンって浮きます!でも、浮いた状態から普通の状態に戻るのが難しいです!変に首をひねってしまった。でもおもしろ~い♪
出たら必ずシャワーでよく洗い流すように、と書かれていたので念入りに流す。ちょっと口の端をぺロッとしてみたら、苦しょっぱ辛い。なるほどね、ってカンジでした。
他には・・う~ん、ユネッサンはあまり変り種、というほどのお風呂はありませんでした。強いて言えば浴槽を工夫していろいろな雰囲気が楽しめるってとこでしょうか。
「ふしぎな洞窟」っていうお風呂に入りたかったけど、なんかやってなかったし・・。
外にはウォータースライダー(もちろん温水)なんかもありましたが、寒かったのであまり出たくなかったのでやらなかった(笑)

基本的に『湯~とぴあ』も『ユネッサン』も、いろんなお風呂に入れるようにという配慮からか、ぬるいんですよね。だから、あまり身体が温まらない。少し温かいお風呂もあったけど。
なので、締めはちゃんとした温泉へ!というわけで『森の湯』へ。

《森の湯》
ここはフツーの温泉と考えてもらってよろしいかと。もちろん裸で入ります。男女別です。露天風呂もあるんですが、窓が開放的に開かれているので内風呂に入りつつ(寒い思いをしなくても)露天気分を楽しめました(^-^)v
やっぱり人間、あったか~いお風呂に入らないとね!
シャンプーその他もちゃんとついてます。

そんな感じで、せっかくゆっくりできたのに帰らなければなりません。しかし、前日箱根方面が混んでいたのと同じくらい、小田原・東京方面が激混みだったのを見てしまいました。正規のルート(素人にもわかりやすい帰り道)を通っていては、いつ帰り着けるか判らない!というくらいの混みようです。なので、
「今度こそ、御殿場から回って帰ろうか。」
ということになり、途中から渋滞を外れ御殿場方面に。いや~空いてる空いてる♪たぶん、けっこうな遠回りなんでしょうけど、東名に早く乗れるし、絶対正規ルートより速かったですよ。いや、東名は東名でところどころ渋滞してましたけどね・・。
用賀インターで下り、あとはダンナの実家へ向かったのであります。

短い休暇ではありましたが、そこそこ楽しめたんじゃないかなと。
しかし、テレビであれだけ「紅葉が見頃」とか言ってたのに、全然そんな見てる余裕なかったなぁ・・。今年は結局紅葉狩りができませんでした。
残念!!
今年の旅行はこれで終わりかな。
あ・・でも、ダンナの実家から「一緒に温泉スキーでも行く?」とかいうお誘いがあったんだ。
どうなることやら。
[PR]
by simarisu83 | 2004-11-25 16:07 | 旅日記シリーズ

あわわわ・・

間違えて、Exciteのブログテーマに5回くらいTB送ってしまった・・。
(気付かずに戻るボタンを押してたら全部TBに流れてしまったらしい)

ご、ごめんなさ~~~い!(≧≦)
[PR]
by simarisu83 | 2004-11-24 15:22 | 日常茶飯事(日記)

つれづれ旅日記~箱根①編~

ドラえもんでいろいろTBいただきました(笑)
語りたいことは山とありますが、まずは箱根旅行記を仕上げてしまうことにしましょう。

えと、とりあえず箱根に向かった日。
東名の用賀インターよりとりあえず向かうことに。
外は快晴!そして日曜日!いかにも行楽日和、といった感じです。
前日のニュースで「箱根の芦ノ湖周辺では紅葉が見頃で・・」とか言ってました。
「これ以上観光客増やすようなニュース流すなよ!」
という我々の焦りとは裏腹に、とりあえず最初は順調に飛ばせました。

が。

厚木インターから何やら雲行きが怪しい感じ。(要は混み始めた)さらに、道がよく分かっていない我々は、
「こっち左?」
「んえ?え?・・・・・・・さぁ?」
といった具合で、混む方へ混む方へとドツボにはまっていったのであります(涙)
あれですね、うちの親なんかがサラッと
「ま、御殿場までなら1時間ちょいで行くんじゃない?」
というのを聞いて、
「厚木あたりから箱根方面の道路に繋がってるみたいなのに、何で御殿場まで行くんだろう?」
と不思議に思っていたのですが、いざ走ってみて解りました。

厚木から箱根方面が激混みなわけでございます。

ちょっと回り道だけど、御殿場から回り込んだ方が絶対空いてるんですよ。
渋滞にはまったおかげで、もー暇で暇で・・。
あまりにも暇な中で偶然にもドラえもんの話をしておりました。

私:「ドラえもんの映画で一番覚えてるのって何かある?」
夫:「ん?ん~~~・・ドラゾンビ様。」
私:「ああ、いたねぇそんなのが(笑)タイトル何だっけ?」
夫:「さぁ?『ドラえもんのび太の石器時代』(正式には『ドラえもんのび太の日本誕生』)かな。」
私:「・・・それ、絶対違うと思う。私はねぇ・・海底鬼岩城が何故か好きだったなぁ。ってか、怖かった気がする。」
夫:「ふーん。オレ、それ見てないんだよね。」
私:「まぁ私もビデオとかで見たんだけどさ。あと、リトルスターウォーズとか。」
夫:「???」
私:「え、知らないの!?パコだかピコだかって(パピです・笑)大統領が何とか将軍から政権を取り戻すために同盟軍と戦うやつ。武田鉄也が『あ~ぼーくはーいつーごーろ大人になるーんだろ~♪』って歌ってたじゃん。あの歌けっこう好きだったんだよね。」
夫:「武田鉄也はいろんなドラえもんの映画で歌ってるじゃん。あ、でも何となく思い出した。街中でいきなり大きくなっちゃうやつでしょ?」
私:「・・・何で本筋を思い出せないくせに、そんな後半クライマックスのピンポイント部分だけ覚えてるのさ。」

あ、長くなるんですがこんな感じでずっとドラえもんの話してました(爆)
まるで箱根の話題に触れていませんが、途中から我々は道を変えて、南の方から大回りで小涌谷まで行こうということになり、その途中で箱根神社の鳥居を写真に収めたわけです。
いや~、ホント大変でした。
泊まったところはユネッサン近くの『B&Bパンシオン』というプチホテル。
駐車場がユネッサンの第二駐車場にもなっており、シャトルバスが出てるんですね。えらい近いんです。しかも安い!(ただ、B&Bなので食事はつきません。朝食だけパンとコーヒー・ジュースくらいが無料で食べられます。セルフサービスですが)
なので、夕飯はユネッサンへ食べに行きました。(バスで2~3分)
日曜だったので、さぞかし混んでたでしょうねぇ~。
夕飯食べるところもけっこう待たされました。

ホテル自体は本当に簡単なビジネスホテルをかわいくしたような感じで、悪くなかったですよ。ただし、フロ・トイレ・洗面所は共同だし、壁が薄いのか廊下の声がえらい響きます。
子供が近くに泊まっていて、廊下で笑う声だの走る音だの聞こえてましたが・・。
逆を言えば、部屋の中の話し声もけっこう廊下に聞こえてしまいます(^^;
そういうのが気になる人には向かないですね。

ダンナは着いたとたんから夕飯に行くまで1時間くらい爆睡してました。
ずっと運転手さんだったからねぇ・・ごめんね。
ダンナの車は左ハンドルでマニュアルなので私は運転できないのだ(←AT限定)

ユネッサンについてはまた明日♪
[PR]
by simarisu83 | 2004-11-24 15:18 | 旅日記シリーズ

ドラえもんがああぁぁ・・・

つい先ほど帰宅いたしました!
・・・んが!
これから夕飯なので今日の更新はこのへんで・・あ、でも一つだけ。
すごくショックだったんですけど「ドラえもん」の主な声優5人(ドラえもん、のびた、しずか、スネ夫、ジャイアン)が来春にも交代ですって(_□_;)!!(読売新聞11月23日付)←リンク切れるのが早いので読みたい方はお早めに!
そんなああぁぁ・・あの声で育ってきた我々としてはそんな新手の声優にうまく馴染めるんでしょうか・・。(いい年してドラえもん見てるのがいけないのかしら・笑)

ええ、とてもショックです。
多くを語りたいところですが、また後日といたしましょう。

そんな状態で今日はこれにてm(___)m
[PR]
by simarisu83 | 2004-11-23 21:12 | 日常茶飯事(日記)

また実家

箱根の帰り道です。ダンナの実家へまた向かっております…何でだろ~?うぅ…また気を遣う…。
そんなわけで旅行記はまた明日以降でm(__)m
[PR]
by simarisu83 | 2004-11-22 18:47 | 日記


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
Wv3eErODいいです..
from Wv3eErOD大乱交スマッ..
PmSLgV17いやマヂ..
from PmSLgV17くれくれ厨
XSvq885qディープ..
from XSvq885qハメ次郎
VD0Nxon1俺の女神様w
from VD0Nxon1不死鳥
yZS5HYan助かりま..
from yZS5HYan猫背
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ワロたけど気持ちいかったw
from イカリングぷれい
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧