新古今しまりす集


たゆれば たゆる たゆるときィ♪ たゆった つっもりで しずんでるゥ ♪(by:『ぼのぼの』)
by simarisu83
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:夫婦・家族( 70 )

結婚記念日

てワケで、結婚三年目に突入です。
お互い「未だに結婚の実感がわかないよねぇ」とか話しつつ(笑)
二人とも『同居人』の意識の方が強いのですよf^_^;
まぁでも、また一年仲良くやっていこうじゃないか…と話し合ったのでした♪
[PR]
by simarisu83 | 2005-05-03 23:17 | 夫婦・家族

連休企画書

ダンナから
連休をいかに有意義に過ごすか企画書を作って提出しなさい。
形式はExcel他問いません。昨年以上の増収増益を目指すこと!
本日午後7時までに。以上。」
・・という指令が下されました。

会社ですか、我が家は。

しかも増収増益って・・・?
連休も短期で働けとでも言うのか。

とりあえず私としては布団干し、冬物の整理、
コタツやスキー道具等の収納(出しっぱだから)、
これを機に再び大掃除など、やることはたくさんあるのですが・・。
夏休みの計画もぼちぼち考えておいた方がいいと思うし。

連休なんて休みという名の
「家事仕事、一挙片付け週間」
でしかないということを、夫に分からせておくべきだろう・・。

という企画書を提出する予定。
[PR]
by simarisu83 | 2005-04-29 15:21 | 夫婦・家族

モノ忘れ

今日ダンナが何か朝っぱらから当番(?)があるということで、6時には家を出る・・という
ことだったんですね。
5時半起き・・?私はせっかく仕事休みなのに!?
と思ったので、
「朝、一人で出てって。」(←酷)
と、前夜から取り決めをしておいたのです。

で、約束通り5時半頃起きて(ってか、私も一緒に目が覚めたけど動かなかった・笑)、
「じゃぁ、行ってきます。」
というダンナにベッドの中で「行ってらっしゃ~い」と返事をしたのは良いのですが。
一度起きると次に寝入るまで少し時間がかかります。
なので、耳だけでダンナが階下でガタガタやったり出かけるのを聞いていたのです。
(あ、そろそろ出かけるんかな。新聞取り出してる音がする。
で、ドア開けて、カギを・・・・・・・・・・・・んん???)

カギを締める音がしない。

(コラコラ、ちょっと待て。妻が寝てるっての判ってんのにカギ締めないバカがどこにいるよ!)
しかし、カギを締めないまま車が走り出す音。
さすがに開けっ放しにしておくわけにはいかず、(まだ寝るつもりだったし)
カギを締めるためだけに下へ降りていくことに。

も~、何のために今朝は一人で行けって言ったんだよ。
私は下まで起きてくのがイヤだったからそう言ったのにぃ!

しかも、階段の電気もつけっ放し。
私は電気代とか気にするのでかなりこまめに消すヒトなのですが、
ダンナは本当に消し忘れが多い。
なんだか腹立たしい気分で朝を迎え、でも結局また寝たのでした(^^;

冬場はどうしても電気代やガス代が多くなってしまうので、
なるたけ無駄な電気は消して欲しいのに。
(我が家はお風呂に入るのも冬期限定が多い。春夏はほぼシャワーのみだったり・笑)

それにしてもカギをかけ忘れるってどういうことですかね!?
いかに普段自分でそういう習慣付けをしていないか・・ということなんでしょうが。
朝はダンナを見送った後私がカギかけるし。
二人で出かける時もそういう役は私だし。
少しはいろんなことさせないとダメなんかな。

でも、小学生じゃあるまいし・・とか思ってしまう春の午後なのでした。

※関係ないのですが、小さい頃私は親が聴いていたある歌の中で
「だか~ら 抱~き~しめ~て~ 何も言わずに~」
という部分を
「だか~ら カ~ギ~しめ~て~ 」
と歌い続けていたそうな。
今でも親は大爆笑しながらこの話をします(笑)
でも言葉は似てるよね!ね!?
[PR]
by simarisu83 | 2005-04-27 14:32 | 夫婦・家族

疲労困憊

23日の過去日記です。

朝からいつも通り仕事してきて、昼2時頃帰ってきて、帰ってくるなりダンナに
「洗濯物洗っておいたから干すの手伝って。」
とか言われて
(洗っておいた・・って洗濯機に放り込んだだけじゃねぇか!!こちとら仕事してきて
疲れてんだよ!干すのくらいやってくれよ!!)
とか思いつつ、せっかく好意でやってくれたのでそんな気持ちをグッと抑え込み、
ようやく干し終えたら次は
「いい天気だから、しまの車の練習しに行くぞ。」
とか言われて、その前に昼飯にしてくれよ・・と思いながら
「まずはごはん。」
と、とりあえず近所のラーメン屋へ行く。(四川味噌ラーメンがなかなかうまい)

で、いつも通り郊外の工業団地にて練習をさせられ、
「ブレーキが急すぎる」
だの
「左に寄りすぎ!!」
だの、文句の絶えない教官(ダンナ)に反抗しつつ、車庫入れ(3年前に免許を取って以来
初めてやった)までさせられて、ぐったり疲れて帰ってきて、
本当は夕飯の材料が残ってるから作ろうかと思ったけどそんな余力はまるで残ってなくて
結局「すき家」でキムチ豚丼のセットに落ち着き。

ああ。疲れたなぁ・・・土曜だってのに・・。
[PR]
by simarisu83 | 2005-04-23 17:07 | 夫婦・家族

子供の頃の写真

ダンナは某メーカーで、カメラのレンズの設計という仕事をしてる技術屋です。
仕事の内容を話したり愚痴られたりしても、私自身はサッパリ解らないのですが(^^;
先日、会社で「撮影会」とかいうものがあったようです。
ちょうどお花見の季節だったし、まぁぼちぼち天気も良かったし、
週末のため社員が家族を連れて来る姿もちらほら見られたんだとか。
まぁ、私は仕事でしたけどね。

で、出来上がった写真を(うちのダンナは一眼レフのデジカメなのでデータを)会社へ
持っていって皆で見せっこしたところ、
「お前はなかなか撮り方がいい。」
と周りに誉められた・・と、夕飯を作っている私の隣りへやってきて嬉しそうに
報告してくれました(小学生のようだ・笑)

確かに、写真を見せてもらうと「桜並木と駆け出す少女(5歳くらい?)の後姿」の写真
とか、なんかポスターにできそうなくらいいい出来の写真がありまして。
その少女ってのは上司のお嬢さんだそうですが。
「これが自分の娘だったらベストショットなんだけどね~」
とか言ってました。

それでふと思い出したのが自分の子供の頃の写真。
父は兄・私・弟と3人のアルバムを丁寧に作ってくれてました。
そしてコメントを付けるのが好きだったようです。
例えば・・
2~3歳の私が食事をしている写真には
『もう、大人が食べるものは何でも食べます。すごい食欲!』
とか(--;
3~4歳の私が、落ち葉に敷き詰められた公園で片手に青い袋を持って
走りまわっている様子に
『しまの持っている袋にはお菓子が一杯詰まってて片時も離そうとしません。』
とか( ̄▽ ̄;

パパ・・もっといいコメントは残ってないの・・・(涙)?

ま、まぁ一応愛されていたんだろうということは辛うじて読み取れますが(笑)
基本的に私もダンナも写真を撮られるのが嫌いで、二人で旅行へ行っても風景写真
ばっかりだったりします。
二人で撮った写真なんてほとんどありません(^^;

あるとしたらスイスで小さな結婚式をした時くらいですかねぇ?
夫方の両親&兄と、私の母&祖母(父は仕事で来られず)だけが参列した
スイスのとある山の小さな教会で式を挙げた以外、日本では式も披露宴もお披露目会も
な~~~んにもやってなかったもので。
二人とも目立つのが嫌いだしな・・。
逆に、非常に我々らしくて良かったかもしれませんが。
スイスのことはまた思い出しつつ書いてみようかな♪

まぁ本当に思い出に残っているものってのは写真ばかりじゃありませんけどね。
年老いて記憶が薄らぐようになってきた頃写真を見返すのっていいかもなぁ、と
ダンナの話を聞きながらちょっと思っていたのでした。
[PR]
by simarisu83 | 2005-04-13 15:05 | 夫婦・家族

ダンナの手術

まぁ手術と言っても、入院したり大掛かりなものではなく。
手首にできている『ガングリオン』(別名:結節腫)というできものを取り除く・・という
ものなのですが。
(医療事務を勉強してて点数表をお持ちの方、『手術』の項目のどこかに
「ガングリオン摘出術」ってのがあるかと思います。ウチのにはありました。)

腕に麻酔を打ち、本格的に切開してどうにかするらしいのですが、
ダンナはビビリくんなので非常にイヤがっておりました(笑)
ってか、まだ病院から帰ってきてないんですけどね。
休みを取って2時ごろ出かけて行きましたけども。

考えてみれば、私はまだ手術というものを経験したことがありません。
盲腸にもなったことないし。
入院はあるんですけどね。
髄膜炎っちゅー、ちょっと危ない病気で。幼稚園の頃だけど。

きっと自分がダンナの立場だったらものすご~くイヤなんでしょうが、
何しろ他人事なので(笑)
「あっはっは、早く行っといで~♪」
とか言いながら送り出しました(←ひどい)

帰ってきたら感想を聞いてみたいです。
あ、ついでに点数計算とかもやってみよっかな。

・・ガングリオンって、何か戦隊モノの名称みたいですよね(笑)
[PR]
by simarisu83 | 2005-04-06 15:17 | 夫婦・家族

ケンカの後で

夫婦喧嘩は犬も食わない・・とか言いますが、確かにウチのケンカは
くだらないことこの上ないので犬も食う気が起こらないでしょう。
でも、お互いの不満というのは往々にして溜まっているものなのですよ。

昨日のケンカは一時的に収まったのですが、夜に再び再燃しまして(^^;
二人とも激昂するタチではなく、淡々と言い合いをするのですがお互いにお互いの
ストレスがあるわけで、なかなか決着がつかなかったのです。

そしたら、ダンナが悲しそうに言ってました。

「オレはさ、本当はケンカなんてしたくないんだよ。
きみと一緒に生きてくって決めたんだもん。
それだったら仲良くやっていきたいんだよ。
いつまでも二人して怒ってケンカしてるより、笑って楽しくしてたいもん。
この前買っちゃった絵にしてもさ、オレ一人だったら絶対買わなかったよ。
でも、これからもきみとずっと一緒に生きていく中で、家を買ったり
子供が生まれたりするかもしれないでしょ?
そうした中で、二人が『いいね』って言った絵があったら嬉しいじゃない。
そんなこと考えたりしてたんだ。
だからね、仲良くやってこうよ。」

確かに・・あの絵は二人の意見が一致して「コレいいね」って言った絵だったのです。
だから、高いかなぁと思ったけど気に入った絵だったからいいかなって
二人とも思ったんですよね。

本当はケンカなんてしたくない。
それは私にしてもそうですよ。
でも、どうしても自分とは違うヒトと生活してるから、自分の思う通りにはならないから。
ついつい、イライラが募っていってしまうわけです。

やっぱりダンナって偉いなぁ・・。
私は修行が足りないっすよ(笑)
片方の意見だけでは成り立たない生活。
結婚ってのは「仲良くやっていく方法をいっしょに探してくれる人を見つける」
ってことなのかもしれませんな。
ケンカしても、また仲良くやってく方法を考えてくれる人を、ね。
[PR]
by simarisu83 | 2005-04-04 15:11 | 夫婦・家族

何となく

今日はダンナとケンカ中です。
原因はどっちが先に起きただのいつまでも寝てるだの、
勝手にポテチを食べただの・・。
まぁ、言ってしまえば

非常にくだらないことでケンカをしているわけです。

そろそろ叩き起こして買い物に連れ出さねば・・。
[PR]
by simarisu83 | 2005-04-03 17:24 | 夫婦・家族

家庭の味

ご飯作るのはいいけど、毎日献立考えるのが非常に面倒くさいです。
基本的に揚げ物は怖くて家ではしないので(たま~にするけど)、
たいていは煮るか焼くか炒めるか・・かなぁ?

しかし、「煮る・焼く」・炒めるだけではなかなかメニューの幅が広がらないのです。
なので、最近はおかずに工夫というより他の面で何かないもんかと考えてます。
けっこう副菜を作るのが面倒で、ババッとメインのおかずを多めに作ったら、
あとは納豆とご飯と味噌汁!
とかいうことが多いです(^^;
肉も野菜もメインに突っ込んでしまうという・・。

余力がある時に作るのが、ひじきの煮物、かぼちゃの煮物、切干大根ときゅうりの和え物、
じゃがいものきんぴら、青菜とおあげの煮びたしや、ほうれんそうのおひたし・・・・。
うん、一応小鉢モノも作ろうと思えば作れるのだよ。
でも、その余力がないのだよ(笑)

ダンナは辛いものや酢の物が苦手で(食べられないほどではないけど)、
私は辛いものや酢の物がけっこう好き。
ダンナは甘いものが好きだけど、私は甘いものはそれほど食べられない(嫌いじゃないが)。
ダンナは薄味OKだけど、私はあまり味気ないと食べる気が起こらない。
と、けっこう夫婦して味覚が異なる部分もあったりね。
私の血圧が上がるのが先か、ダンナが糖尿病になるのが先か。(←こらこら)
でもお互い別に食べられないほど嫌いなものっていうのはそれほどないので、
基本的に私が作ったモノに関しては私の好みだし、ダンナもあまり文句は言わないのです。

でも、たまに怒られる。
「辛すぎるよ」とか、「これ酸っぱいよ・・。」とか。
私は全然平気なんだけどなぁ。
なんかいろいろ考えてしまうと、献立が本当に面倒で。
たいていは二人とも食べられそうなものに落ち着きます。
おかげで一ヶ月に何回も同じおかずが並んでしまいます。

う~ん・・どうしたもんだろ?
世間の皆さんは、食事のことでケンカすることってあるんですかねぇ?
家族って味覚が似てくると思うんだけど。
ってか、子供は親の味覚の食事に慣れていくから、親と似た嗜好になりそうですよね。
私の実家は母が非常に辛いもの好きで(笑)
弟だけは小さい頃辛いものダメだったけど、大きくなってからは全然平気。
子供3人とも辛いものOKな人間に育ってしまった。

ところが、ダンナの実家は義母上がそもそも辛いものや酸っぱいものが
さほど得意ではないんだそうな。(作ることもあったけどそんなに回数多くないらしい)

やっぱり、それぞれに『家庭の味、家族の味』ってのがあるのかもしれませんねぇ。
[PR]
by simarisu83 | 2005-03-31 16:00 | 夫婦・家族

パワーストーン

27日の過去日記です。

ダンナと近くのショッピングモールへ行きました。
そしたらちょっとかわいいアクセサリーショップみたいなのがありまして。
どうやらパワーストーンとかいろいろ売ってるみたいなのです。
ダンナはけっこうそういうのが好きらしく何故か私より先に
「あ、見てみようよ~」
と歩き出す始末・・。
いや、いいけどさ、別に。

私も中学生くらいの時でしょうか?
第一期パワーストーンブーム(?)みたいなのがあり、友人と原宿のお店に
パワーストーンを探しに行ったことがあります。
その時購入したのは、アクアマリンとローズクオーツだったかな?
薄い色・・というのが私は好きでして。
色は薄くても様々に違う色のものがあるというのが、見ていて好きだったのでした。
で、小さなポーチに入れて大事に持っていた気はするのですが、
はて・・・・あれはどこへいってしまったのかしら??

第二期は大学入ってからかなぁ。
卒業旅行は出雲へ行ったのです(笑)
いや、その時は折りしも前年にアメリカで「9.11テロ」が起こった年だったので(確か)
海外へ行くことに反対する友人の親御さんもいまして・・。
ま、民俗学の学徒としてですね!
八百万の神々がおわす所へ一度は行くべきではないかと!
さらに、出雲で修行して我々も神になろうではないかと!(←なれません)
そんな壮大な野望(?)を持って出雲へ行った時、『カラコロ工房』という所へ立ち寄りまして。
そこにあったお店の一つでパワーストーンを買ったのです。

まぁもともと体は強い方ではないのですが、社会人になるんだし体調管理は
気を付けないといかん・・と思いまして。
健康に良い(?)パワーストーンを買いました。
これは深い赤紫の石で、一見黒く見えるのですが光に透かすと赤ワイン
のような色がトロッと見え隠れするというものでけっこう気に入ってます。未だに。
ドロップみたいでおいしそうだし(笑)

それにしても、いろいろあるんですねぇ。
ダンナはちなみに石に書いてある説明書きを興味深げに見てました。

夫:「ねぇ、見て見て。『あなたを束縛から解き放ち自由にします』だって。
これ身につけてると、オレ失業しちゃうのかな~♪」
私:「離婚するってことかもよ。」(冷)
夫:「ああ・・・・なるほどね・・・・。」

そんなダンナのひきつる笑顔見たさに私は生きてる気がします。(←酷)
[PR]
by simarisu83 | 2005-03-27 15:59 | 夫婦・家族


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
Wv3eErODいいです..
from Wv3eErOD大乱交スマッ..
PmSLgV17いやマヂ..
from PmSLgV17くれくれ厨
XSvq885qディープ..
from XSvq885qハメ次郎
VD0Nxon1俺の女神様w
from VD0Nxon1不死鳥
yZS5HYan助かりま..
from yZS5HYan猫背
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ワロたけど気持ちいかったw
from イカリングぷれい
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧