新古今しまりす集


たゆれば たゆる たゆるときィ♪ たゆった つっもりで しずんでるゥ ♪(by:『ぼのぼの』)
by simarisu83

2006年 06月 27日 ( 1 )

ひぐらしのなく頃に

「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編~祟殺し編」
「ひぐらしのなく頃に解 目明し編~皆殺し編」
詳細はコチラ→http://07th-expansion.net/Soft/Higurasi.htm
を、終えました。

正直、このゲームを始める前はただのサスペンスホラー的な
サウンドノベルだと思ってました。
殺人事件が起き、その原因を推理するような。
でも・・読んでいくうちに、初めの自分の考えが浅はかだったな、と。
回を重ねる毎に、切なくて哀しい物語であることが分かっていき、
本当に毎回涙が出てくるくらいでした。

ゲームを終えた後『スタッフルーム』という形で製作者さんのあとがきを読むことができます。
そこに、こういった問いかけがありました。

『皆さんは人殺しが、動機によっては許されるなんて、思いますか?』

『その動機や事情によって罪の軽重が変わってくる。
命の重さの対価が罪の重さなら、私たちが命の価値に個人差を認めていることになります。』


よく聞く情状酌量という言葉。
「この人はこういう生まれ育ちだったから、こんなひねくれ者に育ってしまった。
だから殺人を犯しても不思議ではない。これは本人のせいだけではない。」
・・・・・そうだろうか、と私はよく思う。
もし、犯人と全く同じ環境で育った人間がいたとして。
全員が全員、殺人犯になるとは思えない。
それが、環境のせいで許されることだとも思えない。

確かに、環境や周りにいる人間が与える影響は大きい。
ただ、だからと言ってそれは殺された人間には関係のないこと。
たとえ殺される側にそれ相応の理由があったんだとしても・・
それによって追い詰められた末の犯行だったとしても・・。
そこに至るまでにあらゆる手を尽くし、その上でどうしようもなかったんだろうか。
人は物を考えることができる。
自分の持っている知識の中であらゆることを想定することができる。

では、人を殺した後、自分がどうなるのか考えているんだろうか。
追われる?隠れる?逃げ延びる?自首する?
家族はどうなる?友人たちにはどう思われる?
果たして、それは本当にしていいこと?
だからこそ、思い止まることも可能なはず。

『命にもともと重さなんてないんです。それを測ろうとするのがヒトの罪。』

そうなのかもしれない・・。
加害者に加味されるべき事情があるんだとしても。
殺人を・・人の命を奪ったことを、その事情によって肯定してはいけない、と思う。

どれだけ罪を償っても、戻ってこない命。
最近の子供のニュースを聞いていると、それがどれだけ分かってるんだろうかと思う。
人が一人いなくなることは、そんなに簡単なことじゃない。
その人が生きてきた何十年(或いは十年にも満たない)という歴史を、
身勝手に引き裂くということ。
これから先、まだまだいろんな人生を歩めたであろう人の未来を握り潰すということ。

それは、償っても取り戻すことはできない。
歴史は永遠にその先を紡ぎ出すことはできない。
それをもっともっと理解させるためにはどうしたらいいんだろう。

ゲームだけど、真剣にそんなことを考えていたのでした。
[PR]
by simarisu83 | 2006-06-27 14:50 | 娯楽万歳♪(ゲームとか・・)


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
Wv3eErODいいです..
from Wv3eErOD大乱交スマッ..
PmSLgV17いやマヂ..
from PmSLgV17くれくれ厨
XSvq885qディープ..
from XSvq885qハメ次郎
VD0Nxon1俺の女神様w
from VD0Nxon1不死鳥
yZS5HYan助かりま..
from yZS5HYan猫背
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ワロたけど気持ちいかったw
from イカリングぷれい
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧