新古今しまりす集


たゆれば たゆる たゆるときィ♪ たゆった つっもりで しずんでるゥ ♪(by:『ぼのぼの』)
by simarisu83
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2005年 09月 07日 ( 1 )

つれづれ旅日記~ナイトツアーの4日目後編~

さて・・ツアーに二人しかいない、という若干居心地が悪いような状態で、
まずは夕飯を食べに行くことに。(夕飯付きのツアーだったので)

オーストラリアでは一般的なファミレスらしいお店『Hogs Breath Cafe』へ。
一応コース(?)っぽくなっていて
・かぼちゃのスープ
・メイン(白身魚のフライかオージービーフのステーキ、サラダ、ポテト付き)
・アイスクリーム
となってました。
私は白身魚、ダンナはステーキ。
しかし、海外で食事をするときよく思うんだけど量が多くないすか?
日本だとメインがあってパンかごはんを付けてちょうどいいくらいだけど、
海外だとメインだけでもう十分お腹いっぱいって感じがするのですよ。
むしろこの時はスープだけでかなりお腹いっぱいでした(^^;
頑張ってなるべくメインも食べたけど、アイスすら食べられなかった。
(おかげで車に酔った・・)

で、その後『デビット・フレイ・ワイルドライフパーク』なる所へ。
コアラやカンガルー、エミュー、ウォンバット、クロコダイルなどが野生に近い形で
飼育されていて、再現した森を踏み荒らされないように、またできるだけ野生でいてもらうため
観光客はボードウォークの上を歩きながら動物観察をするようにできてます。

実はこのツアーはここの営業時間後、閉園した園内をこのツアーの客のためだけに
開いてくれているんだそう。
また、ツアー料金の一部はこうした動物たちの保護活動として寄付されるらしく、
『寄付に協力してくれてありがとう』の証明書がもらえました(笑)

初めにアボリジニの踊りを見せてくれるということで100人くらいは入りそうな会場へ。
でも、客は我々二人だけ・・・。
踊ってくれる人も二人。これは通常通りっぽいですが。
で、ガイドさんが解説してくれながら短いアボリジニの踊りをいくつか分けて実演してくれる。
ついには
「では、お二人も是非参加してみてください♪」
って・・・ええぇ~!?ヽ(  ̄д ̄;)ノ
「どうせお二人しかいませんから、恥ずかしがらずにどうぞ!」

・・・踊ったよ・・踊ったさ!!
もうヤケですよヤケ(笑)
人前で踊るなんて、中学時代の体育の授業であったダンス発表会以来だな、きっと。
ガイドさんが写真撮ってくれたけどダンナのカメラに入ってるので載せません♪
(それ以前に何か顔に塗られた姿が写ってるから無理ですが)
まぁでも、なかなかおもしろかったです。

その後、レンジャーさんが3種類の動物を連れてきてくれて
アニマルプレゼンテーションをしてくれます。
生態説明とか、実際に触ってみることもできます。
毎回違うらしいのですが、私たちのときは
トゥニーフロッグマウス(和名:オーストラリアガマグチヨタカ)ってやつと、
なんか身体の頭も尻尾も「頭」に見える双頭トカゲみたいなやつと、
金色のヘビさんでした☆
みんなおとなしいし、なかなか触る機会のない動物ばかりで非常に興味深い。
こういうの触るのが平気な人(私も)には楽しいですなぁ。

それが終わると、ようやく園内散策。
本当に森みたいになってるし真っ暗なので、どこに何がいるのか分からない(爆)
一応懐中電灯で辺りを照らしてくれるけど、当然カメラのフラッシュは禁止。
野生のポッサム(和名:フクロギツネ)と何度か遭遇しました。
彼らはこの公園で飼育されているわけではなく、勝手に遊びにきてるんだそうな。
しかし暗いながらもパディメロン(ワラビーの一種)やカソワリィ(ヒクイドリともいう)
なんかを見ることも出来たし、エミューがトコトコ寄ってきてず~っと一緒についてくる。
えらい懐こいヤツでした(^^)

で、またもやコアラ飼育舎へ。
子コアラを抱いた親子コアラもいました♪

b0053605_1634197.jpg


ここもフラッシュはダメと言われたので・・暗いなぁ・・。
でも子コアラはとってもかわいかったっす!!
さすがに夜間なだけあって、コアラも若干動きを見せました。
ユーカリの食べ方も昼間と違って「モッサモッサ」食べまくり(分かり辛い?)、
木を移るために地面に降りてきてウゴウゴしてるし。飛び移るし。
「今日はお二人しかいないのでゆっくり周ることもできたし、
コアラ飼育舎にこんなに長くいられるのもラッキーですよ。」
とケビンさんが言ってました。
確かにそうかもしれませんな。

そしてしきりに
「コアラ触りましたか?抱っこはできませんがせっかくオーストラリアに来たんだから
是非触っていってくださいね~」
と勧めてくれました。
まさか初日にすでにコアラ抱っこして写真も撮りまくったとは今更言えず・・。
でもあの時と違ってゆっくりコアラの毛皮を味わうことができました。
やわらかくて気持ちいい~(* ̄。 ̄*)

最後に建物に戻り、コーヒーとケーキをいただきました。
ついでにおみやげも買ってきました♪

b0053605_1646195.jpg


↑ウォンバットのミニぬいぐるみでっす。
ダンナはウォンバットのTシャツ買ってました。どこで着るのだ(笑)

なかなか充実して帰ってきたのですが、
帰ってきてからちょっとだけ街中を歩いていたら怪しげなお店の前でポン引き(?)の
お兄ちゃんに
「Hey,Guys!」
と呼び込みされました。

・・・・ちょっと待て、何で「Guys(複数形)」やねん!!!!

確かにオーストラリアに行く前に髪をわりとバッサリ切りましたよ。
Tシャツの上に長袖シャツ着てジーパンはいてたから少年ぽく見えたかもしれませんよ。
だからってよぉ・・ダンナと手ぇつないでたのに。(私がすぐ迷子になるから)
「あれじゃね?親子(父子)に見えたんじゃねぇ?」
ダンナは183cm、私は160cm。確かに見えなくもなかろうけど。
呼び込むな!親子なんて!!

ふーん、いいんだいいんだ別に。
と、いじけているうちに夜は更けていくのでした(涙)

5日目に続く。
[PR]
by simarisu83 | 2005-09-07 16:57 | 旅日記シリーズ


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
Wv3eErODいいです..
from Wv3eErOD大乱交スマッ..
PmSLgV17いやマヂ..
from PmSLgV17くれくれ厨
XSvq885qディープ..
from XSvq885qハメ次郎
VD0Nxon1俺の女神様w
from VD0Nxon1不死鳥
yZS5HYan助かりま..
from yZS5HYan猫背
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ワロたけど気持ちいかったw
from イカリングぷれい
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧